FC2ブログ

きぬさやと牛肉の炒め物&衣豆腐甘酢ダレ

昨日のメニューですが、どっちもなかなかGoodでしたといのも簡単にできるし、まあ肉と豆腐さえあれば、どうにか他の野菜や何でも代用でいけるわって感じのご飯にあうおかずだから。
きぬさやと・・・と書きながらも今回もきぬさやだけでなく幅広いインゲン豆をプラスしましたが、食感がパリパリっとしていて意外とインゲンの方が美味しかったかもしれません。ナタマメやシカクマメでも良いと思いますよ。もちろんピーマンでも良いし野菜は何でも代用がきくと思います。とにかく牛切り落とし200gと野菜を同量くらい使用して下さい。牛も薄切りが良いでしょうが、結構美味しいのに安い切り落としで充分です。で、お肉に下味(料理酒、こしょう、片栗粉)をして、白ネギ、生姜で香りを出した中華鍋で炒めていきます。あ、その前に野菜はさっと炒めておいて下さいね。で、肉を炒めたら、合わせ調味料醤油、オイスターソース、料理酒各大さじ1と砂糖小さじ1ガラスープ大さじ3を加えて味を絡ませ、野菜をもどして和えればできあがりです。簡単でしょ?でもご飯のおかずには最適です。
衣豆腐の衣はパン粉。木綿豆腐にパン粉をつけてフライパンで焼き、野菜入りの甘酢ダレの餡かけをかけたもの。これも簡単だけど、甘酢が食欲をそそるし、豆腐だからヘルシー。油分が気になる方は吸油の少ないパン粉というのがあるんでそういうのを利用してヘルシーに仕上げましょうねきぬさやと牛肉の炒め物

スポンサーサイト



チキンソテーチリトマトソース&カッテージ豆腐

今日の料理は久々に両方ともです。
結構簡単な上に意外と美味しいんです。簡単に作り方載せてみますんで、ぜひチャレンジを

チキンソテー

チキンソテーチリトマトソース
材料 4人分
鶏のもも肉2枚 塩、粗引き黒こしょう各適量 白ワイン大さじ2 玉ねぎ1/4個 チリホット100g トマト1個 にんにく1片 唐辛子1本 オリーブ油適量 レモン1/2個

①鶏肉に塩小さじ1/2程度と黒コショウを振り、白ワインも振って30分ほど置きます。
②玉ねぎはみじん切り。トマトは2cm各くらいにします。にんにくも薄くスライスし、唐辛子は種を除いておきます。
③フライパンにオリーブ油を大さじ1くらい入れ、にんにくを香りが出るまで弱火で炒めます。香りが出たら唐辛子を入れ、オイルに辛みをうつします。唐辛子は焦げる前に取り出しておきます。
④鶏肉を中火強で皮面からこんがりと焼いていきます。途中でにんにくは焦げる前に取り出します。両面じっくり焼いてしっかり焦げ目もついたらいったん取り出します。(焼いている途中で脂が出てきて多いようなら、ペーパーで少し吸い取ります)
⑤④のフライパンに玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒めます。しんなりしたら、トマトを入れ、ホットチリを加え、味をみて塩、こしょうで調えます。
⑥食べ易い大きさにカットした④の鶏肉の上に⑤のソースをかけてできあがり。サニーレタスとレモンのくし型切りを絞ってどうぞ。

※ここで使用しているチリホットとはカゴメさんの商品でホットドックなどにも良いケチャップにニンニクやチリを入れ、スパイシーさを出した商品です。なかなかお味も良いので試してみて!


カッテージ豆腐
材料4人分
カッテージチーズ100g 葛粉30g 水150cc 氷適量

①葛粉と水を鍋に入れてよく混ぜて、粒々がなければ中火にかける。木べらで混ぜていくと少しずつ透明な塊ができてくるので、練り混ぜていく。
②だんだん固まってきて半透明な感じになってきたらしっかり練り混ぜ、火からおろす。
③カッテージチーズを入れ、いったん混ぜ、再び弱火にかける。ここでしっかりと練り混ぜ、先ほどより少しゆるくなって、滑らかな感触になったら、火を止める。
④スプーンですくい取るか、ビニール袋から絞りだして、氷水に落とす。水気を切って、盛り付け、ワサビ醤油、または塩とオリーブ油で召し上がれ!

※とにかくきちんと混ぜてざらつき感をなくしておくことが大事です。今回はタコと枝豆を添えてワサビ醤油にしていますが、モッツァレラ同様、トマト、バジルと一緒にしてオリーブ油、塩も美味しいと思います。また、カッテージチーズも人肌より少し熱い牛乳と酢かレモン汁を加えてしばらく置いてこぜば、すぐにできあがるので、そちらもチャレンジしてみてはいかがでしょう。サラダなんかにトッピングしても美味しいですよ

お茶(裂)

水曜のこと載せますね(^_^;)
この週はめずらしく2回のお稽古がある週で、水曜は生徒さんのお宅にお邪魔してのまた雰囲気も違うお稽古でした。
何だかいつもと部屋の作りが違うだけで、入り方ひとつにもとまどいながらというった感じでも、時々は違う場所で違う雰囲気の中行うのも良いものです。
で、この日は生徒さんの持っているお茶道具でもちろんお稽古。その中で茶入れの仕服を拝見していて、その仕服の柄が何かという話になり、見てみると、「逢坂裂」となっておりました。茶入れの仕服には名物切や古代裂が使用されており、良い物になると何枚もの仕服がついております。で、つまり名物と言われるお道具にはこの裂というものがあり、その種類は400種とも言われ、さまざまな裂つまり布の柄、色などで裂地に名前がついているんです。ということで、今も茶入れにはこういった名物裂を模して仕服を作ってあるということ。で、拝見した時にお尋ねするとその裂や柄の名前を言うわけです。400種類もあったら、覚えられるわけないし、名物の茶入れやお茶碗にしてあったといだけで裂地の名前がついてるから、こうだからこうみたいなわかり易さも全くないので、買った時に教えてもらっておくか、根気強く裂地の本などで探すかのどちらか。なかなかお茶って大変ですよね
で、結局「逢坂裂」はというと中興名物「逢坂丸壺茶入」のお仕服だったようで、藍で染めた生地に金襴の模様。この模様が丸竜紋と霊芝雲紋を交互に描いており、全体に梅模様のような七曜紋をほどこしてあるもの。これはお花なんじゃなく、陰陽五行で真ん中が太陽、まわりの6つが月-土までを表している。ほんと仕服一つで難しいものです。

今日の主菓子 松屋の青梅
青梅


干菓子 玉井屋本舗のやき鮎
やき鮎

パンセオ&玉ねぎのパリポリサラダ

本当はというかベトナム語の発音だから多分カタカナ表記にするとちょい違うことにどうしてもなっちゃうんだろうけど、実はパンセオではなくバインセオが多分正解かな。
ベトナム風のお好み焼きで、日本で言うと広島風お好み焼きとか昔の一銭焼に近いのかな一銭焼なんか知らんそーいう私も実際の頃のは知らんです
今日の生地は上新粉に水だったけど、本当は米粉に水、ココナッツミルクで作るもの。やっぱり日本の上新粉だとどーしてももちっとしちゃって少し厚みが出ちゃっててパリッとなってないようでした。実際私がベトナムで食べたものは薄くパリッとしていたんで、できれば生米をミルで引いたものの方がうまくいくかもしれません。具材は海老と豚肉、そしてもやし。豚肉と海老は炒めて塩、こしょう、ニョクマムで下味をつけておく。で生地なんだけど、米粉と水、ココナッツミルク(だいたい粉:水分が1:1.5くらいかな)を混ぜたものに、ターメリックで色づけし、フライパンにサラダ油を熱し、中火くらいで蓋をして3分くらい薄く焼きます。そこに具材の海老、豚肉、もやしをぱらぱらっと入れてさらに蒸し焼きに2、3分。パリッと焼きあがったら2つ折りにしてお皿に盛り付けます。
食べる時にレタスに巻いて、香菜、ミントを入れ、ニョクマムまたはニョクマム+レモン汁にお好みで唐辛子をどうぞ。
ニョクマムと香菜(シャンツァイ)、ミントによってアジアンの香りがしますよねー。苦手な方には辛いかもしれませんが、これがアジアン独特の香りで食欲をそそるような気がします。
とにかくパリッと仕上げるのがこれのコツなので、薄くパリっと仕上げてぜひニョクマム、シャンツァイ、ミントと一緒に食べてみて下さいね。
パンセオ


香菜(シャンツァイ=コリアンダー)について
分類:セリ科
原産地:中国、地中海地方
薬効:抗菌、殺菌作用があり、食中毒の予防や解毒に用いられるほか、整腸、消化促進、咳止め、解熱にも効果があるとされている。鎮静作用があり、偏頭痛も緩和する。

種子と葉、根、茎それぞれ利用できます。葉は中国で香菜(シャンツアイ)と言われています。中国パセリやタイではパクチーとも呼ばれています。英名はコリアンダーで、一般的には種子を乾燥させたスパイスをさします。種子には甘みとさわやかな香り、かすかな辛みがあり、ホール状のままや粉末のものなどがあります。ヨーロッパ、インド、アジアの各地で幅広く使われているスパイスです。
サーモンのマリネなどで塩とコリアンダー(種子)を刻んだものでつけこんだり、肉などの煮込み料理やカレーなどに入れたりと多種多様な使われ方が各地でされている。
特に葉の方はタイやベトナム、中国などの料理にはかかせない香り付けのものであり、それぞれの料理の独特のエキゾチックな風味づけにかかせないものと言えます。刺激的で独特の香りを持ちますので、苦手な方も多いですが一度食べると病みつきになってします方も多いものです。あまり知られていませんが、パセリなどと同様にビタミンCを豊富に含み、風邪や肌荒れ、のどの痛みなどさまざまな効果もあるとされ、アジアの各地では体にも良い食材として用いられています。
飾りとしてはもちろん、たれやソースのベース、サラダ、和え物に使ったり、メキシコ料理でもサルサやマリネ、煮込み料理、タコスにはさんで食べます。アジアでは麺類やお粥、スープにも使います。

お茶

無事に帰ってきましたよ。素敵なイタリア人男性に告白されないかなーと思っていましたが、夢破れ(笑)帰ってきました。でも、すっごく良い旅だったので、またそのレポートは後日書きますね
今日は帰ってきて初のお茶のお稽古。イタリアとのギャップがかなり激しい気もしますが、やはり日本人!お抹茶落ち着きますね
エスプレッソも大好きだけど、お濃茶も大好きでも、どこか通じるものも感じたりします。意外とイタリア人やフランス人にはうけるかも
では、今日の主菓子は大原女家のわすれ傘
わすれ傘

干菓子は村上製菓のわり氷
わり氷

シンプルなイタリアン教室8

今日はすでに上空かなー。旅も終わり。現実に戻って日本でまたがんばらなきゃ。ってもしもこのブログが以後更新されず、そのままだったら素敵なイタリア人にあって永住を決めたと思って下さい(笑)
ちゃんと帰ってきてたら、そのうちイタリアの旅レポートを載せていきますね
では、最後にお出ししましたデザートについて

これはみんなには作ってもらわなかったんだけど、
マチェドニアという果物のごちゃ混ぜポンチのようなものとバニラアイス、そしてもちろんエスプレッソで締めていただきました。
マチェドニアは写真はないので・・・m(__)m
マチェドニアは混雑という意味で多民族が住むマケドニアからいろんなフルーツをごちゃ混ぜにするってことで命名されたらしいです。
ということで、何でも好きなフルーツ。できればトロピカル系。この時はマンゴー、パイナップル、キウイ、オレンジ、バナナ、リンゴでした。これを切ってグラニュー糖と和えておいて、出す直前にキルシュを少々。簡単でフルーツからの天然シロップが出て美味しいの。夏はカキ氷と合わせてもいいと思いますよ

シンプルなイタリアン教室7

今日は7日目。ローマへ移動。今日が最終で明日は帰路。最後を楽しまなくちゃ!
みなさんにはこの時につけたワインをご紹介。
イタリアンだったんだけど、最初だし、みんなにわかりやすいものをってころでフランスブルゴーニュのワイン。
Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins”
ブルゴーニュ ブラン “クーヴァン・デ・ジャコバン
AOC REGIONALE
ブルゴーニュブラン

品種:シャルドネ100%

ステンレス発酵から木樽熟成を行っている。マロラクティック発酵を完全に行わず、適度な酸味を保っています。
グレープフルーツ、洋ナシなどの香りのするフルーティーでエレガントなワインです。マコン産のブドウが果実味を、コート・ドール産のブドウから骨格と熟成の可能性をワインに与えます。
ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積105ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。

シンプルなイタリアン教室6

今日は6日目。フィレンツェへ移動の日。今日はフィレンツェをぶらぶら。美味しいジュラート食べれてるかなー
みなさんはセコンド・ピアットをご紹介
鯵のソテーにんにくパン粉かけ
鯵のソテーにんにくパン粉かけ

材料 4人分
鯵(中)4尾 生パン粉40g にんにく1片 パセリのみじん切り大さじ2 ローズマリーのみじん切り大さじ1 オリーブ油 約80cc 小麦粉適量 塩、こしょう 少々 季節の野菜(スナップエンドウ、パプリカ)

(作り方)
①3枚おろしの鯵に塩、こしょうをふっておく。
②スナップエンドウはヘタと筋を取り除き、塩少々を入れたお湯でさっと茹でておく。パプリカはスナップエンドウに合わせ縦1cm幅くらいに切っておく。
③フライパンにオリーブ油大さじ1程度を入れ、②を炒め合わせ、塩、こしょうで味を調え、皿に盛りつけておく。
④フライパンにオリーブ油50cc程度を入れ、にんにくのみじん切りとパン粉を入れて弱火でじっくり炒めていく。パン粉が色づいてきたら、パセリのみじん切りとローズマリーのみじん切りを入れ、炒め合わせ、取り出しておく。
⑤①のいわしに小麦粉を薄くまぶし、フライパンに残りのオリーブ油を入れて、皮目からこんがりと焼いていく。
⑥野菜を盛りつけていた皿に焼けた⑤をのせて、上に④のにんにくパン粉をたっぷりとかける。

今回は人数多く一度に作るためにニンニクパン粉を別に作り、ソースのようにしましたが、もちろんにんにくパン粉を魚にまぶして焼かれてもOKです。

お奨めのオリーブ油
ボスコエクストラヴァージンオリーブオイル香り風味ともにバランスよく、味にあまりくせがない。初心者にお奨めな幅広く仕えるタイプ。

鯵一口メモ 甘・温
成分:タンパク質、EPA、DHA、カリウム
新井白石の言葉に「鯵は味なり、その味の美をいうなり」というように味がよいお魚です。それは鯵がアラニンやグリシン、グルタミン酸といったアミノ酸を多く含むからです。
栄養的にはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸がコレステロールや中性脂肪の値を下げ、血栓をできにくくします。またカリウムも多く含むので、高血圧の人には良い食材です。良質タンパク質であるのも嬉しいところです。

シンプルなイタリアン教室5

今日は5日目。今日もアグリ滞在。今日はアウトレットモールとキャンティのワイナリーへ行く予定ですよ。
みなさんにはプリモ・ピアット2皿目
レモンバターのパスタ
 レモンバターのパスタ

材料 4人分
生クリーム 100cc 国産レモン1/2個 パルミジャーノ大さじ3 パスタ(タリアテッレなど幅広麺)320g 塩適量 こしょう少々 黒粒こしょうお好み

①生クリームをひたすら分離するまで混ぜて、塊が出来たらリードなどのペーパーでしっかり水気を切る。
②パスタ鍋にたっぷりのお湯を沸かし、お吸い物よりも少し濃いくらいの塩加減にする。だいたい4人分の湯に大さじ1~2程度。パスタを茹でる。
③レモンの皮をみじん切りにする
④①に③のレモンの皮、パルミジャーノ、塩小さじ1/2程度、レモン汁、こしょうを入れてよく混ぜ合わせる。
⑤パスタがアルデンテに茹で上がったら④をからめて、お好みで黒粒こしょうをかけて、召し上がれ。

使用したパスタ
ディ・チェコ No.7
リングイーネ(500g) ゆで時間10分前後

シンプルなイタリアン教室4

今日は4日目。今日もアグリに滞在中。今日はワイナリーとアレッツォ見学、そして料理教室へ。
みなさんはプリモ・ピアットをお楽しみ下さい。
キャベツとアンチョビのパスタ
キャベツとアンチョビのパスタ

材料 4人分
キャベツ8枚 アンチョビ3枚 にんにく1片 唐辛子1本 パセリのみじん切り適量 パスタ320g オリーブ油大さじ8(120cc) 塩適量 こしょう少々

(作り方)
①キャベツは適当な大きさにちぎっておく。(芯は薄く刻む)
②パスタ鍋にたっぷりのお湯を沸かし、お吸い物よりも少し濃いくらいの塩加減にする。だいたい4人分の湯に大さじ1~2程度。①のキャベツをさっと茹でて、ザルにあげておき、パスタを茹で始める。
③にんにくは包丁の腹でつぶし、皮をむき、みじん切りにしておく。アンチョビもみじん切りにする。
④フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて、強火にかける。オイルがふつふつなってきたら、中弱火にしてにんにくがキツネ色になるまで炒める。充分香りが出たら、火からいったんフライパンをはずし、種を除いた唐辛子を入れて、フライパンをゆすりながら、余熱でオイルに辛みをうつす。
⑤④のフライパンにパスタの茹で汁を100ccほど入れてよくフライパンをゆすって、オイルと茹で汁をなじませる。(白っぽくとろりとさせる)
⑥ごく弱火に⑤のフライパンをかけ、茹で上げたパスタとキャベツを入れて、混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調える。
⑦器に盛りつけ、パセリを散らす。

パスタのコツはなんと言っても塩加減と茹で加減。塩は茹でる時からかなりしっかりめにやって下さい。でないとなんとなーく締まりのない茹で上がりのパスタになっちゃいます。後は芯が残るくらいのアルデンテにしあげること。何度でも味見をしてちょうど良いときにひきあげて。少し芯を残しておかないと予熱でも火が通って伸びていってしまう。上手に茹でて、パスタ名人になりましょうね

お奨めのオリーブ油
アルチェネロ エキストラヴァージン オリーブオイル
手摘みした有機栽培オリーブの実を丁寧に仕上げ、伝統のコールドプレスで一番搾りしたバージンオリーブオイルです。フルーティで軽い口当たり。パスタや魚料理などによく合います。有機JAS認定食品。

使用したパスタ ディ・チェコ No.11
スパゲッティーニ(500g・5kg)
太さ約1.6m/m ゆで時間9分前後 


キャベツの一口メモ 甘・平
栄養成分:ビタミンC、ビタミンK、ビタミンU
キャベツに含まれる珍しいビタミンUとK。ビタミンUはキャベジンという名の胃腸薬があるように、胃酸の分泌を抑え、胃の内面を粘膜の新陳代謝を活発にし、修復ふる働きがあります。ビタミンKは出血したときに血を固める血液凝固作用、骨の健康維持に効果があります。よって、二つ一緒にとれるキャベツは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の天然のお薬とも言えるのです。また、ビタミンCも豊富に含んでいるので、できれば損失が少なく加熱時間が短い方法で食べたいものです。

シンプルなイタリアン教室3

今日は3日目で、アレッツォという田舎?へ移動していることでしょう。今日の夜からアグリ体験です。
みなさまにはアンティパスト(前菜)3品目で
カルパッチョ をお楽しみ下さい。
カルパッチョ

材料 4人分
白身魚(鯛、ヒラメなど)200g レモン1/2個 エクストラバージンオリーブ油 大さじ3~4 塩、こしょう少々
(お好きな生野菜)セロリ1/3本 にんじん1/3本 かいわれ1/2パック みょうが2個 など
(野菜用ドレッシング)白ワインビネガー小さじ2 エクストラバージンオリーブ油大さじ2~3 塩、こしょう少々

(作り方)
①3枚おろしになった白身魚の皮をひく。(外引き:尾が左)尾を左にして置き、包丁を寝かせて、包丁をすーっと手前に引くような感じで薄切りしていく。その際右手の中指、人差し指で身を押さえながら引いていく。厚さは2mm程度
②一切れ切るたびに皿にしきつめていく。敷き終わったら、なるべく高い位置から塩、こしょうをふっていく。こうするとまんべんなく振れる。心もちちょっと多いかな程度にすると丁度良い。
③レモン1/2個を②の上にしぼり、指でなじませていく。次にエクストラバージンオリーブ油もまわしかけ、同じくなじませていく。魚の上でドレッシングを作っていく感じ。
④野菜は全て千切りにする。塩をして混ぜ、こしょうをして混ぜ、白ワインビネガーを入れて混ぜる。最後にエクストラバージンオリーブ油を入れて和えればできあがり。③の真ん中にこんもりと盛り付ける。

お奨めのオリーブ油
ラ・ガッリラーナ(リグーリア産)魚介類の美味しい北イタリア、アルベンガで搾られました。タジャスカ種100%の気品のある優しい香りと力強さもあります。とてもサラリとしていて魚介のカルパッチョなどによく合います。

お奨めのお塩
ドロゲリア マリーノ  シチリア産の海塩 魚料理に最適(これを少し細かくして使うと良い)

鯛の一口メモ
栄養成分:タンパク質、ビタミンB1、ナイアシン
脂肪が少なく、消化が良い姿、色、味と三拍子揃った大変優秀なお魚です。良質なタンパク質をたっぷり含み、必須アミノ酸のバランスに優れています。ナトリウムを排出させ、血圧を下げる働きのあるカリウム、血圧を正常に近づけるタウリンなども含んでいます。また、ビタミンB群が豊富なこともうれしい1つです。
鯛のうまみを形成しているイノシン酸は分解されにくく、時間がたっても味があまり落ちません。「腐っても鯛」と言われる所以です。

シンプルなイタリアン教室2

今日は2日目。ちょうどイタリア入りしたばかりの頃かな。今日はローマから30分ほど行ったオスティア・アンティカという遺跡の町にいることでしょう。
では、今日もアンティパスト(前菜)2品目
カプレーゼ
カプレーゼというのは、カプリ風サラダという意味で、Insalata di Capreseと言います。
カプレーゼ

材料 4人分
トマト1個 モッツァレラチーズ100g バジル2枝 オリーブ油 大さじ1~2(ちょい青臭いものお奨め) 塩適量 こしょう少々

(作り方)
①トマトはヘタをくるっと取って、半分に切り、5mm厚くらいにスライスしていく。
②モッツァレラチーズも半分に切り同じく5mm厚くらいにスライスする。
③きれいに皿に交互に並べ、塩、こしょうをする。バジルの葉もちぎって飾る。
④最後にオリーブ油を回しかけてできあがり。

お奨めのオリーブ油
サンテラモエクストラヴァージンオリーブオイル(グリーンラベル)(プーリア産)
オリーブの実の青い香りとフルーティで芳醇な濃厚さを持つ。肉料理、煮込み料理に合います。だけど、今回のようなトマトの甘さと苦味が意外にもマッチし、味をひきたててくれます。お試しあれ!

お奨めのお塩
ドロゲリア ミニエラ  シチリア産の岩塩
この細粒タイプ(野菜用など)にフィーノがある。


トマト一口メモ 微甘・酸・寒
栄養成分:リコピン、ビタミンC、カリウム
トマトの独特の酸味はクエン酸とリンゴ酸で、胃を適度に刺激して胃液の分泌を促します。胃がムカムカした時にトマトを食べるとすっきりするのはそのためです。またビタミンCも多く、毛細血管を丈夫にするルチンと協力し合って血圧を下げる効果もあります。そして最近特に注目されているのがリコピン。赤い色素カロテノイドの一種ですが、強い抗酸化作用があり、ガン予防や生活習慣病の予防に良いとされています。油と一緒に取ると効果的に吸収されます。
西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど生活習慣病予防になる食べ物です。暑くて食欲がなかったり、糖尿病などの方の喉の渇きにも効果的なので、特に暑くなってきたら取り入れたい食材ですね。

モッツァレラチーズ
イタリア南西部のカンパニア州が原産。豆腐のような感じのくせの無い味わいで、独特の弾力ある歯ごたえが特徴である。熟成工程を経ないため、フレッシュチーズに分類される。
本来は水牛の乳で作られる。よってイタリアでは水牛の乳を原料とするものを、モッツァレッラ・ディ・ブーファラ(Mozzarella di Bufala)、ウシの乳で代用したものはフィオル・ディ・ラッテ(Fior di Latte)と言う。日本で普通にモッツァレラと言って売られているものは実は牛の乳のもの。


シンプルなイタリアン教室1

今日から実はイタリアへ旅立ちました。で、何でブログ書けてるの?って思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は便利なタイマー投稿です
今日から1週間の間、5/26(土)に開催したシンプルなイタリアンの料理教室で作りましたお料理をご紹介していきます。イタリアの旅の間にイタリアンのご紹介ってタイムリーでしょ?
本当に簡単にできるものばかりなので、ぜひぜひチャレンジなさって下さい。
それと面白い試みで、オリーブ油の味比べとお塩の味比べなんかもいたしました。イタリアンはシンプルな味付けだけに実は使うオリーブ油やお塩はとても重要。だからどんな料理にどんなものを使えば良いのか実際に味を比べ、自分の舌で実感してもらいたかったからです。ちょっと難しかったようですが、なかなかないものなので、興味は持って下さったみたい。その時試したものもご紹介していきますので、ぜひ参考になさって下さい。よくデパートなんかで開かれていますイタリア展ではいろんなオリーブ油の味見とかできますからそんな時にお試しになってはいかがでしょうか?
●オリーブ油について
オリーブ油にはヴァージンオリーブ油とただのオリーブ油(ピュアオリーブ油)があるのはみなさん知ってますよね。前者は化学的処理を行わない一番搾りのオイルなので、そのままサラダやカルパッチョなどオリーブ油の風味を大切にしたいお料理に使います。後者はバージンオリーブオイルと精製したリファインドオリーブオイルをブレンドしたオイルで風味はあまりないので、炒め物などの場合に利用します。
で、そのオリーブ油の風味についてがこれからの問題で、この風味の違いが取れる地域などによって変わってくるのです。大まかには以下のような感じで、この風味の違いをそれぞれお料理に生かすわけです
リグーリア州:淡い黄緑・・・軽やかな香りと苦味・辛味の少ないマイルドな味わい タジャスカ種
トスカーナ州:輝くような緑黄色・・・青々としたオリーブの実を連想する独特の青臭さがあり、新鮮でフルーティな香り。力強い味わいで、辛味は強め フラントイオ種、レッチーノ種、モライオーロ種
ウンブリア州:輝くような緑黄色・・・トスカーナ産と比較すると、重厚感がある
プーリア州:淡い黄緑・・・オリーブ果実そのものらしい香りと、比較的苦味辛味の少ないマイルドな味わいだが、独特のコクと風味がある オリアローラ種、コラティーナ種、カロレア種
カラブリア州、シチリア州:多種多様・・・温暖な気候から多くの品種が生育するため、多種多様

で、今回お料理に利用していったものをそれぞれのお料理の時にまたご紹介したいと思います。

ではアンティパスト(前菜)の1品目をご紹介。
空豆のブルスケッタ
空豆のブルスケッタ

材料 4人分
空豆(さやなし)150g マスカルポーネチーズ50g 塩適量 バゲット半本

(作り方)
①そら豆はさやから出し、黒い筋のある部分と反対側にもナイフですこし切れ目を入れる。
②たっぷりのお湯に塩を入れ、(お吸い物よりも少し辛いくらい)2、3分茹でる。
③②をザルに取り、そのまま広げて、粗熱を取る(陸上げ)
④薄皮をむき、ボウルに入れて木ベラなどでつぶす。マスカルポーネチーズと塩少々を入れ、軽く混ぜ合わせる。
⑤器に盛りつけ、薄く切って焼いたバゲットに塗ってどうぞ!

一口メモ  甘・平
成分:タンパク質、炭水化物、ビタミンB1、B2、C、アスパラギン酸、鉄、カリウム、リン
さやが空に向かってつくから空豆というとか、形が蚕のまゆに似ているから蚕豆というとか言われているソラマメですが、鮮度が命の野菜で「美味しいのは3日だけ」と言われるほどです。
だから、とにかく買ってきたら早く茹でて下さい。冷蔵なら1~2日、冷凍もOKです(少し味は落ちますけどね)
そら豆の主成分はタンパク質や炭水化物ですが、大変消化に良いと言われています。また旨味成分がアスパラギン酸というアミノ酸成分で、エネルギー代謝や老廃物処理にも一役かっています。また、ビタミンB1やB2も豊富なので疲労回復、脂肪代謝にも効果的、その上利尿作用のあるカリウムがナトリウムとのバランスを取り、むくみを取ります。よって、薬効としては、健胃作用(気力を養う)、止血作用(血圧を下げる)、利尿作用があると言われています。
春から夏が旬なので、旬の時にシンプルに塩茹でして楽しみましょう!


お茶(四方棚)

そろそろ風炉のお手前も落ち着いてきた頃なので、今日は四方棚でお手前がありました。風炉が落ち着いてくると棚を使った稽古が多くなってくるのだそう。棚ひとつで扱いが違うものになるし、お茶ってほんと奥が深いですよね。というか覚えられない今日のもうひとつお濃茶はの平口の茶入れに仕服は長緒でした。これまた扱いが面倒。お茶って面倒なお道具にしてわざと難しくしてるんやなかろか?と時々思わせてくれたりします

今日の主菓子 あさ川「偕楽」 
偕楽

のし梅みたいな感じの梅ゼリーを求肥で包んだもので、ちょっと主菓子にしては小さいかも・・・

干菓子 甘春堂「京すはま」
京すはま


納豆チャーハン&しいたけシュウマイ

私納豆って大好きしかしこれほどはっきりと好き嫌いの分かれる食べ物ってないんじゃないかなーと思います。みなさん好きですかご飯に味噌汁に納豆。これぞ日本の朝食って感じですよね。あのネバネバの正体のムチンが消化力もぐんと高めてくれるし、大豆よりも数倍もビタミンB群は豊富になってるし、大豆食べるよりずーっと良いんですよ。まあ納豆嫌いくんたちには、ネバネバと臭いがたまらなく嫌なんだろうけど、納豆菌のナットウキナーゼには血栓を溶かす働きもあるし、現代の死亡原因の2位、3位を予防してくれる素晴らしい食材です。いつぞやの騒ぎになったダイエット効果はないけれど、健康に良いことは間違いないいろんな食べ方で食卓にぜひ取り入れていきましょう
今日作った納豆チャーハンもなかなかいけますよ。まずはシンプルな卵とご飯だけのパラパラチャーハンを作り、ネギかニラなどを入れ、最後に納豆を入れて酒、醤油、塩、こしょうで味付けをして出来上がりの簡単メニュー。さっぱりさせたい人は梅を刻んでいれても合いますよ。
ぜひぜひみなさんも作ってみて
納豆チャーハン

チャーハンのコツはとにかく手早く強火でやること。その際よくお玉でかき混ぜまくる人がいるんだけど、これはNG。お玉でご飯の粒を切ってしまって、そこから水分が出て、べちゃっとご飯の原因を作ってるの。上手くできる方法は実は卵が半熟な時にご飯を入れたらお玉の背で押すようにしていくこと。鍋肌に押し付けるようにして、混ぜるのは中華鍋(フライパン)を返すことによって行う。こうするだけでばっちりパラパラのご飯のチャーハン名人になれるので、やってみてね

お茶事教室第2弾報告

えー1ヶ月以上前のご報告を今頃ですみませんm(__)m
季節料理なので、今の参考にはならないと思いますが次年度参考にしたい方などにはお役にたてるかもしれませんので、載せてみます。また、秋以降にお教室を予定するかもしれませんので、興味のある方はこんな料理を作るんだなーと参考になさって下さい。まあ茶懐石はほんと独特ではありますが、焼物や預け鉢などはちょっとしたおもてなし料理にもなりますので・・・

焼き物:ホタテ貝の木の芽焼き
ホタテの木の芽焼

今回はホタテを殻からちゃんとナイフをつっこんで開けていただきましたよー。悪戦苦闘しながらもみなさん綺麗に身を出すことが出来ました。いったん塩もみしてヌメリを綺麗に洗い、黄色いえらと固い小さな貝柱、緑色の臓は取り除きます。それと今回はヒモも除いて焼きました。

一口メモ  甘・平
栄養成分:タンパク質、ビタミンB2、タウリン、鉄
ホタテ貝は高タンパク、低カロリーな食品です。タンパク質の中には、コハク酸、イノシン酸、グルタミン酸などの旨み成分がたっぷり含まれ、独特のおいしさを出しています。また、タウリンがコレステロール値を下げるだけでなく、血圧値を下げ、肝臓の機能も高めます。他にもビタミンB2や鉄、亜鉛、カリウム、葉酸などの微量栄養素を多く含んでいる優秀な食材ですので、旬の春にはぜひ食べたい食材のひとつです。(干したものの方が薬効は高い)

炊き合せ:竹の子、蕗、車海老
竹の子の炊き合せ

竹の子の茹で方ちゃんとしってますか
(筍のゆで方)
とにかく掘りたてをすぐゆでるのが筍を美味しくいただくコツです。時間が立てばたつほどシュウ酸やホモチゲン酸といったエグミの成分が増加します。

1.頭の部分を斜めに切り落とし、中央に縦に切れ目を入れる。
2.鍋にたっぷりの水を入れ、赤トウガラシ、米ぬか(水の10%程度)を入れ、1を入れ、約1時間ゆでる。(ぬかのタンパク質やでんぷんがシュウ酸などのエグミ成分を吸着し、赤トウガラシがぬか臭さを防ぎます)
3.ゆでたらそのまま冷めるまで放置する。
4.冷めたら、皮を剥き、水につけてタッパーなどで保存する。2日間くらいの保存が適当ですが、毎日水を変えれば1週間くらいは持ちます。ただし、味はどんどん低下していくと思って下さいね。

一口メモ  甘・微寒
栄養成分:食物繊維、カリウム
竹の子は「筍」とも書き、その字のごとく春の旬を味わうものの代表のようですが、語源は竹の成長スピードが速く、地上に出てから一旬(10日)で竹となり、筍という漢字が当てられたようです。筍は不溶性食物繊維がとても豊富で、加工食品ばかり取りがちな現代人の食物繊維不足を補ってくれます。食物繊維は腸の働きを整え、便秘などを解消するだけでなく、余分な脂肪や有害物質を取り除く大事なもので最近はとても見直されてきているものです。筍を切ると白い粉が付着していますが、あれはチロシンという物質で、アミノ酸の一種です。甲状腺ホルモンの合成や黒髪を作る色素合成など新陳代謝を活発にする働きがあるものなので、洗い流してしまったりしないで下さいね。また、カリウムも多く含み、血圧を上げてしまうナトリウムをうまく排泄させる働きがあります。他にうまみ成分としてアスパラギン酸を含み、これは疲労回復をスムーズにします。他に少量ですが、ビタミンB2やCも含んでいます。筍は春を味わいつつしっかり健康にも役立つ良い野菜です。いろんな筍料理にチャレンジしましょう。

強肴(赤貝、独活、胡瓜、水前寺のり) 三杯酢和え
強肴

これまた赤貝を悪戦苦闘しながら開けて裁いていただきまいしたよー。赤貝は人間と同じヘモグロビンを持っているため、本当にこれまた人間と同じように開けると流血事件がおきますこれにもまたまたみんなびっくりしていたようです。でも自分たちは何とか無事に裁くことができました

(三杯酢について)
三杯酢は盃で酢、醤油、みりんを1杯ずつ合わせたので三杯酢と言いますが、今ではあまりみりんは使わず砂糖で調合し、割合は酢:醤油:砂糖=6:2:2ぐらいです。甘味は特に好みの問題なので、二杯酢の割合の酢:醤油=7:3くらいに好みで加えるようにしましょう。また酢がきつすぎる場合は酒や出汁で少し伸ばして使用します。ただし、保存用の場合は一度沸かしますが、水気のものを加えることは腐敗を早くしますので、昆布を一切れ入れるなどで対応し、使用時に少し伸ばして使用しましょう。

ウド一口メモ 辛・苦・微温
栄養成分:糖質、繊維、カリウム、リン、ビタミンC
あまり栄養価が高いものではなく、ミネラル類やビタミン類が少しずつ含まれています。初春ぐらいが旬で独特の香りと歯ざわりを楽しむ春の食材です。少し固い皮は厚めにむき、きんぴらなどにして食べれば食物繊維がとれます。薬効としては風邪を取り除き、頭痛や鼻炎などを改善するので、やはり季節の変わり目の時期で風邪を引かないように旬のウドを食べると良いのかもしれません。また利尿作用もあり、痛風にも良いと言われています。

箸洗い以降は省略させていただきますm(__)m

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク