FC2ブログ

福岡 提案寮 根上

昨日は久しぶりに美味しい懐石を食べに根上さんへ行きました。ここはお料理が一品一品とても丁寧で、八寸としてちょっとずつ盛り合わせたものもほんとこってるんです。盛り付ける器もちゃんとしてるし、なかなか美味しい懐石が食べれなくなった福岡でかなりお奨めのお店です。美味しいと言われるどことかで修行してきた方のやっているお店もいくつかありますが、変にアレンジして創作懐石のような感じになっているとこに比べるとほんと素材を大事にし、昔ながらの伝統的な京懐石というかきちんとした懐石を出してくれる素晴らしいお店。それでも京都で食べるようなびっくりするお値段ではないので、ほんとにお奨めです。
昨日食べたお料理をご紹介するので、興味がある方は行って見て下さいね。でも、最近テレビに出ちゃってたので、多いかも
まず出てきたのは、かわいいひょうたん型の器に盛られたほうれん草と椎茸のお浸し。ひょうたんの一番上にお酢が入っていて、お浸しにかけてさっぱりといただきます。真ん中はちょっと不明な多分魚の佃煮。
ほうれん草のお浸し

豆乳を寒天で流したものに卵の黄身。これも薄味の出汁でいただきます。
豆乳の葛流し

向付。鱧の季節ですよね。梅肉でいただきました。後はマグロと鯛、鯵。
向付

煮物椀はしんじょ。かわいいジュンサイと筒抜きしたゴボウを竹に見たてて。
煮物椀 しんじょ

八寸でいろんなものを一口ずつ盛り合わせてあります。
胡瓜と椎茸の和え物、黄味寿司、真子の醤油付け?、胡桃味噌の紫蘇巻き揚げ、アボガドの生春巻き、ししとうに海老?しんじょを詰めて揚げたもの、鰻の出汁巻き、蒸し芋 ほんといろいろ丁寧でびっくりします。
この後、鮎の塩焼きをたで酢でいただきました。ちょっと写真がありませぬm(__)m
八寸

鯛の笹寿司 これは多分お持ち帰り販売もしてたような・・・
鯛の笹寿司

稲庭うどん
稲庭うどん

すっぽんスープ仕立てのアワビ蒸し 全然生臭くないとっても美味しいスープにアワビの薄切りが入ってます。これがテレビに紹介されてたかな・・・
あわびのスッポンスープ仕立て

コーンご飯と香の物 コーンの甘さが何だか美味しい一品。香の物も必ず手作りの柚べしが入ってて、あと捨てずに取っておいたいろんな野菜屑(根っことか)をつけてあるのが意外と美味しいの。
コーンご飯と香の物

デザートは葛きりを黒蜜で。後お抹茶。ちょっと裏なんで、泡立てすぎかしら・・・後薄い・・・
最後に一口だけど果物まで出てきます。
ちょこっとずつだけど、品数多いし、丁寧な料理ですよね。おやじさんは全然気取らない良い方だし。このおやじさんとても達筆で箸袋に恙無くと書いてます。気が向けば?色紙になんか書いてくれますよ
スポンサーサイト



スープカレー&バターライス

一時期とっても流行った時期がありましたよね、このスープカレー。北海道札幌が発祥と言われてますが、どうしてこんなに流行したのかイマイチわからなかったりします欧風のトロッとしたカレーと違いサラサラのカレーで、まあアジアのカレーから波及したものっぽくはありますが・・・。特にスープカレーとしての定義がしっかり決まっているわけではないようですが、特徴としてはスープと大きめの具材は別々に調理され、最後に一体化されるというのが一般的。この大きめの具というのが一番の特徴なのかもしれません。欧風カレーの全ての具材が溶け込んだ旨味というより具材は具材の味をしっかり楽しみさらっとしていて、しっかり出汁の効いたカレー風味のスープをさらっといただくのがヘルシー志向やちょっとしたアジアブームだった時の若い層や女性の心を掴んだんでしょうね。カフェブームも一役かったのかもしれません。それにしてもこうやって変化して生まれていく食文化って面白いなーと思います
で、スープカレーまあまあ大きめ野菜とかが結構美味しいかなーと思ったりしますが、同じ作るならもっと複雑な味のタイカレーのグリーンやレッドカレーの方が好みだったりしますみなさんはどうですか?
スープカレー


今回使用したスパイスはカレー粉、ガラムマサラ、クミン、ターメリック、カイエンペッパー
カレー粉とガラムマサラは混合香辛料で、いろいろなスパイスが混ぜられたもの。インドではこの配合に決まりはないとされているようで、お母さんから代々受け継がれた味のようなもの。ガラムマサラのガラムは触れて暖かいという意味があるらしく、一つはそれぞれのスパイスを乾煎りして熱を加えてから粉にするから、もう一つはお袋の味だからといった意味合いのようです。そして辛いイメージの強いガラムマサラですが、実は基本は辛くないスパイスシナモン、クローブ、ナツメグで、その度に作るカレー粉と違い、作って常備するもののよう。ただヒンズー語ではヒリヒリ辛いという意味合いとも言われていて、日本で販売されているもののほとんどはこの辛さを持ち合わせた混合スパイスになっています。
また、クミンはこれだけでカレーらしい複雑で神秘的な芳香がします。このような香からクミンを上手に使って料理のできるような花嫁は、夫を確実に身近に引き止め、浮気をさせない腕前を持っているということを意味する一方、花婿の方は、妻の貞節を信じ自らも浮気をしないで、十分な量のクミンと料理の材料を家に持ち帰るくらい妻に忠実でなくてはならないという意味が含まれていたと言われているのだそうです。
ターメリックはスパイスの用途の中でも色づけをするという役割でよく使用されますよね。肝臓にも良いから医薬品としても利用されていますが、サフランの代用品としても使われています。ピクルスなどの色づけとしても良いですよ。
スパイスはいろんな用途や効能があります。ぜひ上手に使って、暑い夏に負けない身体作りに役立てたいですね。

貝柱チャーハン&ベーコンと野菜の炒め物

チャーハン美味しいですよね。鉄人というか中国の上手な料理人のチャーハンとかご飯一粒一粒が立っているというか、卵で綺麗にコーティングされているようでほんとパラパラですよね。もちろん日本のお米との違いはあるでしょうけど、技だと思います。シンプルな素材であの美味しさが出せるのは腕のなせる技でしょうね
さて、今日は缶詰のホタテで貝柱でチャーハンを作りましたが、私的にやはり旨味が足りないと思いました。やっぱり干し貝柱をぜひ使っていただきたいところです。旨味がぐんと増し、美味しさが変わってきます。少量でも全然違います。もちろん干し海老なんかも良いですね。一晩水につけておいて、ほんとは1時間ほど蒸しあげると良いですが、戻すだけでもOKです。そして、これに以前も紹介したXO醤を加えれば、ちょっとピリッとした刺激も加わってなお美味しくなります
XO醤油はペニンシュラホテルの広東料理の料理長だった方が考案した調味料だそうで、かなり昔に香港に行った頃まではまだまだ日本では浸透してない調味料でしたが、今や簡単に手に入りますよね。ぜひぜひ本場の味に近づけるために使ってみて下さい。
貝柱チャーハン


貝柱チャーハン
材料 4人分
固めに炊いたご飯600g 干し貝柱4個 生椎茸2枚 にんじん50g 玉ねぎ1/2個 レタス2枚 青ネギ1/2束 卵4個 塩、こしょう適量 サラダ油大さじ4 XO醤小さじ1
調味料A:酒小さじ2 濃口醤油小さじ2 干し貝柱戻し汁大さじ3

①椎茸、にんじん、玉ねぎをみじん切りにする。
②レタスは2cm角くらいにちぎっておく。青ネギは小口切りにする。
③調味料Aを合わせておく。
④中華鍋をしっかり空焼きし、サラダ油を入れてなじませ、割りほぐした卵を入れ、半熟の時にご飯も入れる。お玉の背で鍋肌に押し付けるような感じにし、中華鍋を振ってかえしながら混ぜる。①の具材と戻しておいた干し貝柱、XO醤を入れて、さらに炒め、青ネギも加えて、合わせ調味料Aを鍋肌から入れる。
⑤レタスも加え、塩・こしょうで味を調えてできあがり。(レタスを入れたらシャキシャキ感を大事にするため、すぐ火を止めましょう)

※ぜったいにお玉でお米を切らないことがコツです。お玉自身でかき混ぜず、うまく背を使いましょう。これは4人分のレシピですが、家庭は火力も弱いので、2人分ずつくらい作りましょう。

お茶(平水差)

夏にだんだん近づくとお道具が平べったいものになっていきますよね。平水指や平茶碗などがお目見えするようになります。ということで、お稽古でも今回は水指が平水指になりました。平水指は席入りする人になみなみと水をたたたえる大湖の観を思わせるのだそうで、やはり涼しげな様子を演出するものなのでしょう。で、蓋は一枚蓋であったり、写真のような割蓋であったりするようです。そしてこの平水指は棚の扱いのように飾り残しを行うことができます。ほんと道具ひとつで扱いがいろいろあり、難しいものですね
平水指


今日の主菓子は鼓月の水羊羹。冷んやり冷やせば夏らしいですよね。(でも、ちょっと羊羹苦手だったりします
鼓月羊羹

カップパン&オクラの牛肉巻きサルサ添え

今日のメニューは2品ともかなり簡単。というか手抜き?
でも、カップパンの方は子供さんのおやつとしては焼くだけで手間かからないし、意外といいかもです。パンというかキッシュとパンケーキの相中みたいなもんですが、混ぜるだけ、焼くだけの簡単調理なので、ちょっとお腹空いたよーという緊急事態に?すぐできるお助けおやつとして作ってみてはいかがでしょうか作ったものは水分なしの卵ばっかりだったんだけど、感じとしては少し締まりすぎてたみたい。なので、少し配合を変えたものを参考に載せてみます。

カップパン


材料 4人分
ホットケーキミックス80g ミックスベジタブル80g ソーセージ3本 卵3個 牛乳100cc 塩・こしょう各少々 お弁当用カップ8枚

①ソーセージは5mm厚の輪切りにします。
②ホットケーキミックスに溶き卵を少しずつダマにならないように混ぜていき、最後に牛乳を加えます。解凍しておいたミックスベジタブルと①も加えていき、塩・こしょうで味を調えます。
③生地をカップに流しいれ、180度に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼きます。(オーブントースターでも焼けますよ)

マドレーヌ用のようなアルミカップでもいいのだけれど、今日はあえてお弁当用のカップ。最近はかわいい柄や色もとりどりでこの方が食べた後もお子さんも楽しいお好きなカップに流しいれて見て下さいね。

柚子味噌

今日はお取り寄せというか知り合いが送ってくれた美味しい柚子味噌をご紹介します。もともと精進料理をしていたお店がいつしか柚子味噌が評判となり、柚子味噌専門店になった京都の老舗八百三です。
柚子の香りが作られたいやらしさではなくほのかで、上品でとても美味しいんです。少し甘めの味噌ではありますが、茄子や生麩を焼いたもの、ふろふき大根などにつけるとほんと上品で野菜の美味しさとかを引き立ててくれます。私は大根、人参、蕪、セロリ、カリフラワーなどの蒸し野菜などにつけて食べるのが結構お奨めです。簡単調理なんだけど柚子味噌で食べるとちょっとおしゃれな一品になっちゃいます。日本の伝統調味料はすごいですよね良かったらお取り寄せしてみて下さい。
柚子味噌

きすの南蛮漬け&冷やしがゆ

お粥冷やすの?「えー」とちょっと思われるかもしれませんが、これが意外にいけるんですよ。普通にお粥をさらっと炊いて、塩で薄めに味付けをし、氷水などを当てながらすぐに冷たくしていきます。
ここに別鍋でお出汁に薄口醤油で味付けし、片栗粉でとろみをつけた餡を作っておき、それをかけていただきます。トッピングに温泉タマゴとオクラの薄切りを散らせば、何だかおしゃれなお粥のできあがりです。
これが夏の暑くてばててる時にも胃にも消化は良いし、さらさらっと入る美味しさなんですよ餡がかかっているのでとても食べ易いです。ちょうど梅雨の時期は体に湿気というか水が溜りがちで水分代謝が悪くなるので、お粥に一緒に小豆を煮たものを加えると利尿作用もよくなりとても良いです。みなさんもぜひやってみて下さい。
一緒に作った南蛮漬けも夏には良いですね。お酢のパワーと唐辛子の辛さで夏バテも防げます。キスも夏のこの時期にちょうど美味しいお魚さんなんで、ぜひ食べてみましょう。夏らしくパプリカなどで、彩りよくすると良いですよね
冷やし粥


南蛮酢の割合
酢100cc 砂糖大さじ3 塩小さじ1/2 薄口醤油小さじ2 唐辛子1本

だいたいこの量でキス12尾とパプリカ1個、玉ねぎ1/2個くらいです。もちろん小鯵とかでされても美味しいですよ

お茶

今日はお茶のお稽古。今日は炭手前とお薄をしたけど、雨が降ってて少し気温は低いと言えども炭の側はやはり暑い座っていると足のあたりがジトーっとしてきます。お稽古の人数が多いところでは、釜の前の畳の傷みが激しいというのも納得といった感じです。木の柱とかお茶のお茶碗とかもそうだけど、使っていくうちにとっても味のあるものになっていきますが、さすがに畳は無理ですね・・・
さて、今日の主菓子は松屋さんの白滝です。下は小豆入りの羊羹で上が道明寺の入った寒天です。でも、微妙な寒天の固さなんかの感じは京都のものにかなわないものなんですよねー・・・
白滝


干菓子は夏季限定の鶴屋吉信のブルーベリー餅。和菓子っぽくない美味しさですよ!
ブルーベリー餅

あ、そうそう今日は実は話題の餅クリームもいただいてみたんです。そう福岡だと三越に売ってるあの24種類の味のある大福餅さん。この大福にもブルーベリーっていうのがあるんだけど、この鶴屋吉信さんのものに比べるとブルーベリーがちとわざとらしい感じの香りと味。確かに餅と変わり餡子とクリームの感じはアイスぽい感じで柔らかい食感が美味しいかもしれないけど、数種類食べた感じでは果物系のものなどは全て本物の果物ではなくフレーバーで餡子が作られてる感じの作られた味と香りがしてました。何せ全然原材料表示がないもので確かめるすべもないのですが。今時なのに珍しいですよね。やっぱり急にメジャーになり会社自体が表示とかの開示に追いついてないのかもしれませんね。ちなみにモチクリームって神戸の小さな会社のニッチインターナショナルってとこのものらしいんですが、それも表示はなかったです・・・。

チキンソテーレモンバターソース&フルーツカクテル

今日はバターをふんだんに使ってソースを作ったんでかなりこってり最近はやはり低カロリー志向だからフランス料理といえどもバターや生クリームたっぷりのソースは敬遠されがちではあると思う。味はレモンで結構さっぱり目だし、やっぱりバターソースって食べれば美味しいなーと思うけど、何せ4人分で80gのバターを入れちゃう状況を見るとちょっとぞっとしちゃうかもしれませんね
で、よくホタテや舌平目のムニエルなんかにバターソースがしてあるんだけど、あれは白ワイン、フュメド・ポワソンに生クリーム、ソースオランデーズ、レモン、塩、こしょうだったりするが、今日はチキンなので、ブイヨンにソースオランデーズじゃなくてバターにし、生クリームなしのレモン、塩、こしょうでした。でも少しバターを減らしたいわと思われるならやはり生クリームをプラスした方がいいかなと思います。なかなかこういうフレンチ的な料理を低カロリーでということ自体ちょっと無理なのかとも思いますよね。いっそのこと今日は諦めちゃいましょう!の方がよいかもしれません。
チキンソテーレモンバターソース


一口メモ
フュメ・ド・ポワソンとは白身魚と野菜から30分程度煮出したブイヨンです。魚料理やソースの基本。

ソースオランデーズはマヨネーズと似通ってます。卵黄と水を加えて煮詰めていき、溶かしバターの上澄みを少しずつ加えて乳化させたもの。火が通りすぎると乳化し難いし、冷たく冷やすと固まるしで、保存はきかないソースです。

お茶(桑小卓)

水曜のお稽古のことを今頃この日のお稽古は桑小卓の棚を使って行いました。小卓って棚?って字を見ると思いますよね。これくわのこじょくと実は読みます。だいたい30cm四方くらいの四本柱の棚で、水差しを地板に飾るようになっています。初飾りは天板に茶器を置き、後は二つ飾り(天板に柄杓、蓋置)三つ飾り(天板に茶器、勝手付柱に柄杓を立て掛け、地盤の真ん中に蓋置、または蓋置を建水に入れ地板に)と最後飾って終わります。ちょっと棚が違うだけで扱いがいろいろとあり、難しいですよね。
では主菓子です。甘春堂の清滝川。嵐山の上流のせせらぎの様子を模したものらしいです。柚子入りの道明寺羊羹に甘納豆などが入っています。
清滝川


干菓子は富貴の水しぶき 山笠の勢い水を模したものらしい。さっぱりレモン風味の乾燥淡雪と寒天です。
水しぶき

宮崎マンゴー

南国果物の代表格ですよねー。果物の王様はドリアンだけど、女王様のマンゴーの方が美味しいと思うし、日本人には人気ですよね。しかも東国原知事のお陰で今や高騰しつつあるマンゴー。宮崎産の太陽のタマゴなんか全国で有名になり東京のデパートでは1個2万円もしてるとかテレビで言っててびっくりですで、太陽のタマゴより少し小ぶりなんだけども味は全然変わらない家庭用マンゴーを毎年お取り寄せしてて今年もお取り寄せしましたほんと東国原知事に言われずとも宮崎産のマンゴーは完熟だから味も濃厚でコクもあって美味しい値段は果物としては高いけど、結構お手頃価格でお取り寄せしていますデパートで買うと同じくらいのものでも5000円くらいしちゃいますけど、そんなにしません。お取り寄せの中でもかなり上位にランクする毎年の楽しみなお取り寄せのひとつです。
マンゴー

このお取り寄せした宮崎産のマンゴーはアップルマンゴーです。アーウィン種の俗称で、メキシコ産もこれですが、完熟して輸入はできないからやはり宮崎産や沖縄産のようにはおいしくないですよね・・・。値段も全然違うけど
で、もうひとつスーパーで黄色いマンゴーをお見かけすると思いますが、あっちはフィリピン産のペリカンマンゴー。カラバオ種の俗称です。アップルマンゴーに比べるとやや酸味が強いかな。こちらももちろん輸入なので完熟ではありません。
で、ほとんどお見かけしないんだけど、実はマンゴーの王様と言われているのはインドのアルフォンソマンゴー。缶詰なんかはあるかな。だけど、生は私も食べたことないので、食べてみたいものの一つです。マンゴーブームなんで、どこかのデパートが輸入してきそうな気もしますけどね。それにしても、マンゴーブームはびっくり。マンゴー大好きで毎年1回はこの時期に食べたい季節ものの商品だから、あまりマンゴーブームが過熱して高騰していかないかと心配な毎日です。東国原知事これ以上宣伝しないで(笑)

マグロとアボカドのパスタ&牛乳わらび餅

冷製パスタって夏のおもてなしなんかにいいですよね普通のパスタみたいにたくさん食べるとちょっと飽きちゃうけどトマトとバジルのカッペリーニとかさっぱりしてて、トマトの甘さも感じれてほんと美味しいお友達がちょっと遊びに来たときなんかに冷製パスタとブルスケッタなんか出したらほんとおしゃれな感じがしていいでしょ?今日のマグロとアボカドもバルサミコソースでさっぱりとした中にもちょっとコクがあってなかなか美味しいです。見た目がちょっと黒くなっちゃうけど、トマトの赤とアボカドの緑でカバーマグロは良質なタンパク質も多いし、他にIPAやDHAも豊富だし、ビタミンB1、B2も多いんです。マグロとかの赤身のお魚にはバルサミコはとっても合います。牛のたたきなんかもバルサミコでさっぱりと食べれるし、使い慣れない人が多い調味料のひとつかもしれませんが、実はそのままでしっかりソースとして重宝する便利品です。バルサミコの30年ものなんかはそのままで、トロッとしていてバニラアイスなんかにかけても一層美味しさを引き立ててくれる素晴らしいソース。ぜひせひあなたもバルサミコを使った料理に挑戦してみて下さい。

冷製パスタ


材料 4人分
フェデリーニ(1.4mm)240g マグロ刺身用200g にんにく2片 ミニトマト12個 アボカド1個 レモン1/2個 白ネギ1/4本 (ソース)バルサミコ酢大さじ3 醤油大さじ2 砂糖小さじ1 オリーブ油大さじ3(炒め用大さじ1程度) 塩適量 粗引き黒コショウ適量

①マグロは2cm厚くらいの塊にし、塩、粗引き黒コショウで下味をつける。にんにくは半割し、芯を取って薄く輪切りにする。ミニトマトは半分に切る。
②パスタはたっぷりのお湯にお吸い物より少し辛いくらいの塩加減(だいたい大さじ2くらい)にして茹でる。
③フライパンにオリーブ油大さじ1を入れ、①のにんにくをチップにする。
④③のフライパンを強火くらいでマグロの表面のみを焼いていき、さっと氷水に取り、5mm厚にきっておく。
⑤アボガドはサイコロ状に切って、レモン汁をかけておく。
⑥②のパスタが茹で上がったら、氷水でしめて、しっかりと水気を切り、マグロとアボガド、ミニトマトも入れてソースの材料であえていく。塩、粗引き黒コショウで味を調え、白髪ネギ、レモンの薄切りを飾って出来上がり。

アボカド一口メモ
栄養成分:ビタミンA、食物繊維、カルシウム
「森のバター」ともいわれる大変栄養価に富んだ果物です。果物なのにリノール酸やリノレン酸などの植物性油脂を多く含みます。血液の循環を良くし、体内で過酸化脂質ができるのを防ぐビタミンEも豊富なので、相乗効果により血中コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぎます。この他にもビタミンA、B1、B2、Cなど多彩な栄養素を含みお肌もつややかにしてくれます。その上カリウムは過剰な塩分を排泄してくれ、食物繊維は腸の働きをよくするという素晴らしい食品と言えます。

LE REPERTOIRE

月曜日はワインのお教室ですが、今回の講義はワインと料理ということで、実際にフレンチを頂きながらの授業を受けてきました。で、お店が以前Y先生のお店で働かれていた方が新しく六本松に開かれたばかりのお店でLE REPERTOIREと言うお店です。九大の六本松校舎のすぐ近くで、六本松の五叉路になったとこです。こじんまりとしたとても良いお店です。お料理もすごく丁寧で美味しかったです。では、今回頂いたロワール地方のお料理ということでご紹介します。
matelpte d'anguille panees et oignon mousseline
衣をまとった ウナギのマトロート ティエド 玉ねぎのムースリーヌ
ウナギのマトロート

ウナギ、マッシュポテト、ポワロ、ベーコンが層になっていて、とっても上品で美味しかったです。

saint jacques a la nantaise
ホタテ貝のナント風
ホタテ貝のナント風

一番上はイカとマッシュポテトのフライで揚げたアンディーブも添えられていました。

canard callans et tougann pot au feu et foie gras poellee
シャラン産鴨と冬瓜のポトフ フォアグラのポワレ添え
シャラン産鴨

鴨もとっても柔らかくて、スープもとっても上品な良いお味で美味しかったです。

cremets d'anjou
クレメ ダンジュ
クレメ  ダンジュ


お勉強はそっちのけだったような気もしますが(笑)、とっても有意義で美味しい一日でした

大豆とひき肉のチリコンカン風&ごぼうのサラダ

チリコンカン。メキシコ料理って言われてるけど、メキシコに程近いアメリカテキサス州が発祥らしい。chiliはもちろん唐辛子conはwith、carneは肉料理ということで豆料理というより実は唐辛子入り肉料理なのかな。豆はキドニービーンズ(金時豆)やえんどう豆などの乾燥物を用いますが、今日はお手軽な大豆の水煮を使用しました。で、結構ひき肉を使うレシピが多いしお手軽ですが、お肉は豆に合わせたくらいの1cm角ぐらいにしたりします。どっちが本当なのかさすがにメキシコ本場で調べていないのでよくわかりませんが、メキシカン料理のお店では角切りのものが結構あるような気がします。まあシチューの一種と考えるとそれも納得といった気もします。どちらでもお好みで作られてかまわないと思います。

材料 4人分
牛肉(牛ひき肉)200g 大豆水煮200g カットトマト缶1缶 玉ねぎ1個 にんにく1片 
コンソメ1個 ローレル1枚 チリパウダー小さじ2 オレガノ、タイム、ナツメグ、クミンなど各適量 塩、こしょう各適量 パセリ適量 赤ワイン大さじ2 オリーブ油大さじ2

①玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。お肉は塊の場合1cm角にして、塩、こしょうをする。
②オリーブ油を鍋に熱して、にんにくを香りが出るまで炒め、玉ねぎも入れてしんなりとするまで炒める。
③お肉も入れて、色が変わりぽろぽろっとした感じに炒まったら、塩、こしょうをする。赤ワイン、トマト缶と大豆水煮を入れて、香辛料も全ていれてしまう。中火くらいで約15分煮込む。(今回は水煮大豆なので、煮込み時間は少なめです。乾燥豆の場合は水もプラスし、もっと煮込む必用があります)
④味をみて、塩、こしょうで調えて器に盛る。パセリのみじん切りを散らす。お好みでバゲットやトルティーヤタコスなどを添えていただきます。

一口メモ
チリパウダーとチリペッパー同じもののようだけど、違います。チリペッパーはカイエンペッパーとも言い、唐辛子そのもです。これを粉末状にして普通瓶詰めで販売されています。
で、チリパウダーはこのチリペッパーに各種香辛料のオレガノ、ディル、ニンニク、クミンなどを入れたミックス香辛料です。辛さも全然違うので、間違って使わないように!
もともとミックススパイスにしているので、他の香辛料をあまり加えなくても風味の良い辛さを与えてくれます。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク