FC2ブログ

お茶(略手前)

水曜日のお稽古は略手前。盆立てとも言いますが、正式な茶室でなく、適宜の部屋で、また室内でなくて野外ででも手軽におもてなしするのが略手前なのです。よって火鉢のようなびん掛けに鉄瓶をかけて、本当に気楽にお茶を楽しもうねというお手前なのです。
とは言いつつもちゃーんとばっちり作法があるのがお茶その名の通り、一通りのものをお盆の上に乗せて運んできてお手前を行っていきます。まあ普通より確かに炭もきちんとしていなくて良いし楽ではあります。人が急に来たときでも鉄瓶さえあればちゃんとおもてなしできるよといったものだからお友達が来た時なんかにさっとしてあげれればいいですよね
盆立て

今回はほんとにお道具も涼しげなガラスの平茶碗を使用しました。めずらしいでしょ?
では、今日は盆立てなんで干菓子のみですが、一応お菓子のみ主菓子も・・・甘木の葛饅頭
葛饅頭

そして干菓子は松屋さんのうちわ。ほんと涼しげですよね。夏も終わりですよねー。
うちわ

スポンサーサイト



トロピカルフルーツサンド

最近さぼってて実は今月の末の試験があるうもので、最近は毎日追い込みの勉強中でなかなかブログを書く時間もとれません。しばらくは時々更新って感じになると思いますが、ご了承下さいm(__)m
さて、昨日はちょっと変わったサンドイッチで、フルーツサンドを作りました。最近はコンビニにもあるのかな結構人気があるとか聞いたことある気がします。
サンドイッチにフルーツ?って思われる方もいらっしゃるでしょうが、パンが意外にスポンジっぽくて甘酸っぱいフルーツと生クリームでちょっとしたおやつ感覚の美味しさですよ。冷蔵庫で冷たく冷やしておいた方が美味しいので、夏のちょっとしたランチパーティーなどの作りおきに良いかもしれませんね。

トロピカルフルーツサンド


材料 4人分
食パン12枚 お好きなフルーツ2,3個(ぜひバナナは1本後はマンゴーでもキウイでも桃でも。水気の多いものはNGです) 生クリーム300cc 砂糖大さじ3

①生クリームを4分くらいまで泡立て、砂糖を入れ、固めにホイップしていきます。(ただやりすぎて分離しないように注意して下さい)
②フルーツは3~4mm厚の薄切りにします。
③パンの片面に薄く①のクリームをナイフで塗り、フルーツを同じフルーツを敷きつめます。もう片面は厚めにクリームを塗り、サンドします。
④③を繰り返し、バナナのものと少し酸味のあるフルーツ系のものを重ねて組み合わせると美味しくいただけます。(写真はそれぞれになってますm(__)m)ぜひ、ラップで包んで冷たく冷やしてから食べて下さい。

全然話は変わりますが、みなさんのではお盆の行事にどんなことされますか?地域によっていろいろ違いがあるようですね。
小さい頃はばあちゃんがいたので何となく行事を見てきましたが、とある事情からうちにも仏様を置くことになり、何となくだった行事がだんだんと私も知っておかなきゃと自覚するようになってきました。
福岡の中でも違いがあるようですもんね。13日に迎え火を焚き、迎え団子(うちは団子にあずき、筑後かどこかは団子を平べったくするとか?)お菓子や果物、野菜などのお供えをします。(うちはしないけどきゅうりに足をつけて馬に見せ、それに仏様が乗ってくるとか言うらしいけど・・・)そして3日間はお膳をお供えします。これも朝、昼、晩で決まりがあるとこもあるらしいけど、家はみんなの食べるものを煮物、和え物、汁物、漬物、ご飯と普通のお膳です。昼はソーメンとか。
そして15日には送り団子(うちは味のない小麦粉まぶしたようなの。筑後とかは仏様が背負って帰るからとかで細長いらしい)昔は精霊流しをしてたらしいけど、お寺に送りに行くだけです。仏様は牛に乗ってゆっくりと帰るから茄子に足をつけて牛に見立てるとこもあるらしいし、送りの日は関東とかは16日にするんだとか。
日本のお供えやら風習って地方によってかなり違い、当たり前だと思ってたことが違う地方では「えーーっ」てことありますよね。大人になって初めてそんなことを思い、でもだんだんと薄れていく日本の風習とか大事にしてかなきゃなーと思う今日この頃でした。


ポテトピザ、タコのガーリック焼

今日はポテトをうすーくスライスして、ピザ生地にみたて、ピザソースをかけ、まさにピザの具をトッピングしてオーブンで焼きました。
スライスの手間と焼き時間さえ気にならなければそんなに難しくない一品です。変わったジャガイモ料理の一品としていかがでしょう?とにかく薄くスライスして一度フライパンで過熱させてからお好きな具をトッピングします。ソースは市販のピザソースを使えば簡単ですよ。
それともう一品はタコさん。スペインの土鍋料理に近いかな。ガーリックオイルを作り、そこに塩、こしょう、カイエンペッパーで味付けしたぶつ切りタコを並べて200度のオーブンで8分ほど焼けば出来上がりです。ぐつぐつとオイルが沸騰した状態のままテーブルにだせば家庭で本格スペイン料理が。ぜひフランスパンを添えてオイルにパンを浸していただきましょう!(オイルが冷めにくいので、あれば土鍋で調理するのが良いですね)
ポテトピザ

高級フルーツ

土曜日のことですが、ベジフルのコミュニティの集まりで高級フルーツを食べ比べてみようという会に行ってきました。ベジフルキッチンという料理教室もされている方の企画でそのご自宅兼お教室にお邪魔して楽しい一時を過ごしてきましたで、今回は高級とついているわけで、岩田屋の南国フルーツさんでわざわざ仕入れて下さったものばかりでした。ベジフルの方が常時岩田屋さんにもいらっしゃいます。で、今回はまず、そしてぶどう、そしてハウスミカンとすもも、最後は果物の女王様マンゴーでした。ちなみに王様はドリアン。(必要ない?)
桃の種類は「プレミアムピーチ(山梨)、清水白桃(岡山)、桃源郷(徳島)、貴美娘(山梨)、大糖領(山梨)」プレミアムピーチは果肉も柔らかく、香りも良いので万人受けするんじゃないかなーと思います。晩成種で雨が降っても甘いとか言われております。清水白桃と桃源郷は割りと果肉もしっかりしていました。ただ清水白桃は味が薄い感じ・・・色は真っ白で美しいですけどねと桃源郷は甘さ、酸味ほどよく味もしっかりでした。大糖領が果肉は一番しっかりめ、でも味は・・・。そして、小さなマンゴーのような貴美娘。本当は味が一番しっかりしていて美味しいらしいのですが、この日のものは???でした。残念
もも

桃はやはり産地だけでなく収穫の時の状況で味がぐんと違うみたいなので、難しいですね。この時の桃は1個1000円から1500円もするものでしたが、どーも値段に味が比例していない感じでした
桃は意外に食物繊維が多く便秘の解消に効果的と言われています。水分補給にも良いので、高くなくて良いので時期の果物としてぜひ食べましょう。で、私がその時によくやるのが、もったいないのでむいた皮は紅茶に入れてフレーバーティとして楽しみます。香りがよくて美味しいので、ぜひみなさんもお試しあれあ、そうそう冷やし過ぎにはご注意を!甘さが落ちていきます!

次はぶどう。「黒木巨峰、サニールージュ、ピオーネ、甲斐路、ロザリオビアンコ」やはり食べ慣れしているのもありますが、甘味、酸味、旨味のバランスが良く味がしっかりしているんでダントツ人気は巨峰でした。次がピオーネかな。でも、ぶどうは実は皮と果皮の間が一番甘いし、皮ごと食べる方がポリフェノールもとれるので、皮ごと食べる甲斐路とかがほんとはお奨めなのかもしれません。で、今日は食べるぶどうばかりでしたが、最近は日本もどんどん美味しいワインが作られてきています。例えば白ぶどうの甲州はその名もKOSHUという美味しいワインを生み出しています。他にも黒ぶどうではマスカットベリーAがありますし、最近ではカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローとかも作っています。有名な産地としては山梨の勝沼(甲州)、長野塩尻(メルロー)、山形天童、北海道十勝などです。昔の食用用のぶどうの余りで作っていたワインとは違い、ワイン用のぶどうをしっかり栽培し、醸造していくようになってからは本当に良いワインがどんどん作り出されています。日本は今後とっても楽しみな地域の一つかもしれません。
って、ぶどうの食べ比べの話じゃなかったっけ?って思わないで
食べ比べぶどう

で後はすももさんに1個200円のハウスみかん、そしてマンゴー。
マンゴーは宮古島のものと福岡県の瀬高のマンゴーでしたが、なんと瀬高のものの方が味も濃く、甘さがかなり強くて美味しかったです。だけど、酸味と甘味のバランスから言えばやはり宮崎産はダントツですかね。私の印象ではかなり宮崎のものとは開きがあるかなといった感じでした。私のお取り寄せマンゴーの方が値段は安いんですけどね卸価格ではありますが・・・。今回の宮古島産は4200円。
マンゴー

今回の食べ比べで思ったのは意外に値段と味が比例してないかなーといったところ。どうしてもネームバリューがつき始めるとお高くなってきますし・・・。もっと消費者自身が賢くならなきゃダメなんでしょうね。

アップサイドダウンケーキ

今日はほんと久しぶりにケーキを焼きました。アメリカのママの味と言われているアップサイドダウンケーキ。だからなのか結構豪快?な作り方で作っていくようです。最後は底をひっくり返すからアップサイドダウンと言うらしいしね。で、底に敷きつめる果物はパイナップルが定番のようだけど、リンゴとかもあるらしい。今回はパイナップルの缶詰で作ってみました。実はいつぞやセレブっぽい音楽家の方がいつもママがアメリカにいる時に焼いてくれていたとか言って、お菓子の先生にならっているテレビを見て、作ってみようと思ってたものだったんです。ちょっと材料とかを適当にしか見ていなかったもんでいろんなレシピを参考にして、作ってみましたでも、なかなか上手にできましたよ。
だけど、さすがアメリカのお菓子かなり甘い「あまーい」って叫びそうでしたがまあパイナップルの甘酸っぱさとで、美味しくはあったかな。

アップサイドダウンケーキ1

アップサイドダウンケーキ2


今回してみたレシピ

材料 18cmの丸いケーキ型
卵2個 無塩バター40g ブラウンシュガー100g パイン缶汁50ml パイナップル8枚 小麦粉115g ベーキングパウダー小さじ2/3 塩ひとつまみ グラニュー糖120g ラム酒小さじ2 (ピーカンナッツ好みで)

①パイナップルの缶の汁気を切って、ラム酒をふっておく。
②型を直火にかけ、バターを溶かし、ブラウンシュガーを敷きつめる。
③パイナップルをその上に敷きつめる。(汁気はとっておく)(好みでピーカンナッツも)(余ったパイナップルは刻んでとっておく)
④ボールに卵白と卵黄を別々に入れる。まず卵白に半量のグラニュー糖を3回にわけていれながらしっかりと角が立つまで泡立てる。次に卵黄にも半量のグラニュー糖を3回に分けていれながら、白くもったりとするまでしっかりと混ぜる。
⑤卵黄側にパイナップルの缶の汁と③で残ったのラム酒を入れて混ぜる。その後ふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーをさっくりと外側から粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
⑥⑤に④の卵白を3回にわけてさっくりと混ぜあわせる。(もし、③でパイナップルが残っていればここで混ぜ合わせる)
⑦③に⑥を流しいれ、170~180度のオーブンで約30~40分焼く。焼き終わったらひっくり返して、5分置いて、型からはずす。熱いうちに切っていただくのが美味しいです。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク