FC2ブログ

新庄貞嗣展

今日は福岡三越で27日(火)から9Fの美術画廊で開かれています萩焼き新庄助衛門 十四代の新庄貞嗣先生の展示会で母が呈茶席を持ちましたので、お茶出しのお手伝いに行ってきました。新庄家は代々続く萩焼きの家柄で、主に茶陶を作られています。というと何だか硬そうなお家柄なんだけど、とっても気さくでおしゃべり好きな先生です。時々先生とお料理と器の話などしながら、楽しく一日お手伝いさせてもらいました。
大作はやはり陶箱で先生も陶器だから蓋ときちんと合わせて焼くのは至難の技で、思い通りの美しい作品に仕上がった時はやはり産みの苦しみの後にくる嬉しさでいっぱいとおっしゃってました。ひとつその陶箱の作品を・・・・
新庄陶箱

どうです?素晴らしいでしょ?
もう一つは花入れです。うちの庭のもみじを生けてみました。
新庄花入れ

そしてみんなで記念撮影はいチーズ
新庄先生

今日はわざわざ足を運んで下さったみなさまありがとうございましたはーと
スポンサーサイト



久留米の料理教室(お節)のご案内

12月のテーマ:手作りお節でおもてなし
日本のお正月、お節の意味も学びながらおもてなしについて考えませんか?

お節2006

(映像と内容は若干異なります)

祝い肴:イクラきんかん たたきごぼう
口取り:伊達巻、りんごきんとん
酢の物:菊花蕪
焼 物:ブリの味噌マヨネーズ焼き
雑 煮:揚げもち変わり雑煮
手作り和菓子、緑茶 or 抹茶 付き

(仕入れ等により変更の可能性もあります)

日 時:12月17日(月) 昼の部11:00~ 夜の部19:00~
場 所:ラ・ボーテ・デューヌ・アーム サロン(久留米市江戸屋敷)にて      
受講料:5000円
講 師:フードアドバイザー 松島ななえ


お申込み・お問い合わせ
tel 0942-33-7521
Mail  info@la-beaute-dune-ame.com
http://www.la-beaute-dune-ame.com

海のゴミ海藻アオサ、食べれば豊富なミネラル源?

海藻アオサって知ってますか?みなさん。海水の富栄養化などが原因で大量繁殖するあのやっかいものですお好み焼きなどにふるあの青海苔もアオサですが、あちらは質の良いヒトエグサという種で美味しく食べられる代物です。でもこちらはというと、二層になっててかなりもぞもぞするくらい硬く、しかもものすごーくだだっ広く生育するようです。ある意味アオサは成長が早く、海水中の炭素・窒素・リン・栄養塩などを効率よく吸収するため、海水の浄化に寄与している一面も持つらしいのですが、これが大量発生して海岸に打ち上げられてこようもんならどんどん腐敗し、ものすごーい悪臭を放つのですよ夏頃港湾局が回収したアオサを一度生のままいただきましたが、「なんじゃこの臭いはーーーー」と叫びたくなるほどのものでしたで、そんなこんなで福岡市の港湾局もいろんな活動をしてて、堆肥にしたり、あおさぼうというかりんとうを売り出したりいろいろがんばっているようで、その活動の一環として開かれたのが「海藻アオサ料理コンテスト」です。
9月にちょうど一次審査があり、実はワインの試験で忙しい中、思いつきで半日で試作レシピ作成していた
「アオサたっぷりじゃがいもチヂミ」が合格していて、今日は二次審査に行ってきました。
生のひどい臭いにかなりやられていた私はこの臭いともぞもぞ感は絶対的になんとかせにゃいかんと思い、(どっかで聞いたような)直接的に食感として感じられないようにすることと、香りたたないようにし、しかも他の食材で臭さのみ消せるような工夫を考えました。
しかし洗って処理した乾燥アオサをいざ調理してみると意外に臭いは生のようにはすごくなかったです。港湾局の方もだんだんと回収作業、洗う処理などどんどん慣れてこられているようで、良いものになってきたんですね。それと回収の時期がやはり夏を過ぎると腐敗も進まないのかやっかいアオサの質も良くなるようでした。まあゴミに質が良いというのも変ですが、実際悪い時の臭いときたらほんとこれ食べるの?どうやって?と疑いたくなるものなんです。
でも、今日の出場者12名、このやっかいものに果敢に取り組んでいて、すごいと思いました。私のように生のものに遭遇していないせいもあるのか、結構私に言わせれば臭いを気にしない?チャレンジャーな方々もいらっしゃいました。結局私は賞には漏れてしまったのですが、環境や健康、食のことに感心を持ちいろんな取り組みをしている方々ややっかいものアオサを価値あるものにしようと努力している港湾局の方々などと交流できたことの方が有意義でした今回賞に輝いた方の作品はともすればアオサの嫌な臭さも出してしまうかもというチャレンジ作品だったような気がしますが、ある意味上手に処理できるようになってきた港湾局の方々の努力のたまものなのかもしれません。大量に発生したアオサをただただ放置してしまえばものすごい悪臭を放つやっかいものになってしまいますが、こうやって上手に処理して食べれば豊富なミネラルを含む栄養源に変身します。ある意味自分たちが起こした環境汚染や温暖化で発生させてしまったもの、またポイッて捨ててしまうのではなく、一人一人が少しでもこうした活動を通じて活用していける道を探れたらと思います。
みなさんもやっかいアオサ料理にチャレンジしてみませんか?

一応入選にはなった「アオサたっぷりジャガイモチヂミ」さんです。
アオサたっぷりジャガイモチヂミ
ジャガイモ3個をすりおろして、乾燥アオサ10gを戻して細かく刻み、小麦粉大さじ4入れて混ぜて焼くだけの簡単メニュー。実はポイントは紅生姜。これを細かく刻んで一緒に混ぜて焼くことで、あの臭いが劇的に緩和し、磯っぽい風味のみが少し感じられる程度になります。パリッと焼けば生姜のピリッと感もあり、結構美味しいおつまみになりますよ!お好みでごま入りポン酢で召し上げれ

中華三昧?

今日は大阪の辻学園から先生がいらっしゃっての中華三昧。定番中華ではないかもしれないけど、豚とにんにくの茎の炒め物、トマトとホワイトアスパラの煮込み、鯖の煎り焼き甘酢あんかけをつくりましたよ。
それにしてもいつものことだけど先生の日はバタバタ品数は多いし、こちらで作るものもあるしでスタッフも大わらわなのです。
実は同じくお客様も何だか混乱するよう。何でなのかと言えば、先生が突然来て慣れないとこなのもあるのか急にいろいろ思いつくのかだいたいみなさんデモで突然レシピとは違うことをされるのお客様も「違うじゃないの!」とはさすがに言えないようで、でも実際やるときにはかなり頭が混乱しちゃっているよう・・・。先生方は良かれと思っていろんなことを伝えようと思うし、ここの状況を考えてテフロン鍋だし、簡略にしたほうが良いしとか思って変えるんだろうけど、調理師学校の生徒とは違い、結構ついてこれない方も一般人には多いもの。教えるのって難しいものです。
でも現代のような情報社会で多くの情報が氾濫していると、どの情報が真実で自分はどのように行動していけばよいのかを迷ってしまうように、あまりに多くの情報を一時にもらうと反って人間は混乱をきたしてしまい、何も自分のものにできないような気がします。あまりに多くのものを教えすぎるのも何も教えていないのと同じような状況を生み出してしまうのは教える立場として矛盾を感じつつ難しいなーと実感しました。
ポイントを上手に頭に入るように伝えていけるようになりたいものです。

豚とにんにくの茎の炒め物
豚とにんにくの茎の炒め物

このポイントはなんと言っても下味のつけ方。お肉などに下味する場合は液体から。そして塩・こしょうをして片栗粉。その後にサラダ油を入れることもお肉どおしをくっつかないように炒めあげるコツですよ
もうひとつどの中華にも言えることはお野菜など全て火の通りが均等になるように同じ大きさに切りそろえることです。これは中華の基本中の基本なので、ぜひどんな時も気をつけましょう

トマトとホワイトアスパラの煮込み
トマトとホワイトアスパラの煮込み

このポイントはまず卵。半熟にやわらかく仕上げるために中火くらいで卵がうっすら膜はって下が固まってきたかなーというタイミングで菜箸でなく、木ベラで静かに混ぜてあげることです。
もうひとつはトマト。トマトは煮るとすぐ崩れるので、極力入れてからはフライパンをゆするだけで扱いすぎないように

鯖の煎り焼き甘酢あんかけ
鯖の煎り焼き甘酢あんかけ

このポイントは青魚をカリッと焦げ目をつけて多めの油で焼いて仕上げること。もうひとつ野菜をテフロン鍋で炒める場合、一度に多くの油を入れない。底が乾いてきたなーと思ったら、真ん中に足しながら炒め、油があまって油っぽい炒め物にならないようにすること
最後に中華はだいたいトロミをつけるんだけど、その水溶き片栗粉の入れ方が問題。よくあるのが沸いているところにとかそんなレシピ。でもここに一気に入れると実はがっちりかたまっちゃったりして失敗なんてことよくあるでしょ?水溶き片栗粉は火からはずしてそこに入れます。入れたらすかさず、そこをかき混ぜ、再び火にかけて透明になり粉っぽさがないように仕上げると失敗がないのです。
中華はちょっとしたコツで、全然変わってきます。あなたもちょっとだけ気をつけて作ってみて下さいね

美味い泡盛と美味い沖縄料理

ワインと料理のマリアージュの説明でよくその土地の料理にその土地のワインと言うのだけれど、他のお酒でも同じことが言えて、やはりその土地の美味い料理にその土地の美味い酒だと思う。沖縄料理はうちなーにとっては家庭の味だろうけど、やっぱりその土地の美味い食べ物が食べたいってことで、創業が1972年という古い歴史を持つ知る人ぞ知る「うりずん」に行ってきました。4年ほど前にできたゆいレールというモノレールの安里駅から徒歩2分ほどのところにある趣あるお店です。店に入るとテーブル席の奥がカウンター席になっていて、大きな古酒の入ったカメがあり、気の良さそうなご主人が迎えてくれました。この古酒ご主人がブレンドしているのだそう。
うりずん①

実は沖縄料理大好きあれもこれも食べたいけど・・・・とりあえず海ぶどうアップロードファイル
あのプチプチが美味しいですよね。天然はなかなか食べれません。
海ぶどう

そして、もひとつ海草で、もずくちゃん。沖縄産のほんとの?もずくって太くて粘りがあって美味しいですよねー!それとピーナッツで作られたジーマーミ豆腐。これもちゅるんってしてて美味しいはーと
ジーマーミ豆腐
後はシャコ貝の刺身とワタ。これまたなかなか食べれません。
シャコ貝

とくればやっぱり泡盛アップロードファイル焼酎あまり飲めないんだけど、なぜか泡盛飲めるんですこれについては自分でもよくわからなない・・・。寝かせ具合なのか泡盛のロックと沖縄料理最高です
この後島らっきょの浅漬け、ドウル天、グルクンの唐揚げ、血イリチイにひらやーちーを食べて大満足
グルクン

食いすぎ?でも、まだナーベラーンブシーとイカ墨のやきそばとかも食べたかったけど断念したのそーまたこの次食べに行くためにだから素敵なお店これからもずっと守っていっててね
そーそー三線弾いてくれて歌ってくれた地元のおいちゃんも良かったなー。美味しい料理に美味い酒、そして三線。素晴らしいマリアージュの夜でした。

絶品ソーキそば!

週末は沖縄だったさー。と変な沖縄弁でも使ってみたくなる独特ののんびりしたムードに沖縄ってすぐはまりこんじゃいますね
多分うちなーの人が本気で方言でしゃべってたら何のことだかわかんないんだろうけどあの語尾に「~さー」とか「~ねぇ」とつき、しかも何とも言えないあの抑揚がマネしたくなっちゃったりしますで、沖縄と言えばやっぱり「沖縄そばさー」と美ら海水族館に行く途中のお昼に何でも開店前から行列ができているという北部じゃ一番美味いと評判の高い「山原そば」に行ってみました。
わかりにくいとかって書いてあったけど確かに・・・。だって看板全然ないんだもん塀があるから行列もよー見えんし。案の定通り過ぎちゃって、電話ナビに携帯ほんと便利な時代ですで、500mくらい戻っておいでー、そしたら三叉路の伊豆味交差点の角が山原そばよーと言われ、すぐにUターン。ありました
美ら海水族館に向けて84号線を走ってると確かにその交差点の左手。白い木造のふるーい家の壁に確かに山原そばと書いてありました。でもコンクリートの塀でわからんちゅーの
ちょうど着いたのは11時半過ぎくらい。確かにもうしっかり縁側のような椅子のとこにみんな並んで座ってました。
山原そば

10分くらい待って中に入ると、これまた昭和初期みたいな感じ。段のついた畳敷きに折りたためれる?アクリル板の古くさーいテーブル。メニューはソーキそば大700円と小550円、三枚肉そば大600円と小450円の2種類のみ。(子供そば300円というサイズもある)これまたこれだけで勝負で美味しいんじゃない?といっそう思わせる。
で、さっそくソーキそばを注文ソーキは豚のあばら肉でこれをことこと長時間醤油などの調味料と泡盛を入れて煮込んだもの。そこそこでやはり味が違う。さー熱々のそばがきました
どんぶりは小さい感じだけど、だまされることなかれ、これがどっさり麺が入っているのが沖縄そば。
ソーキそば

一口スープを飲む。美味い澄んだ出汁でカツオがきいていて、あっさりめ。ここで、コーレーグースーをかけて、さあー食べるぞー!麺は中くらいなのかなー太麺ではないけど、腰はしっかり。その上にソーキが5個も700円いい値段だけど、納得です。スープと麺とソーキ、ほんと絶妙かも。やっぱり見た目よりもどっさりそばが入っていて、いつもの通り食べてもなかなか麺が減らないわって感じだけど、やっぱり美味しかったから完食できました沖縄そばって美味しくないと、だんだんそばがお腹にたまってきて完食できないなーって思ってた。評判だけのことはありました。ソーキの味も辛くもなく、甘くもなく、やわらかーく煮えていて美味しかった。ぜひ並んでも食べるべき味でした。
それにしてもこのわかりにくさと必要以上に手を加えない作りと調度品で、この繁盛ぶり。すごい!の一言です。この店には似つかわしくない大きな液晶テレビが儲かっているんだろーなーと思わせました。
しかも、美ら海水族館の帰りの2時過ぎにお店を見ると閑散としていて、あれ?と思うとな・な・なんと売り切れ!の文字。3時間にも満たない営業時間。すごすぎます・・・。作れるだけしか作らず、売り切ったら店は閉める。頑固に味を守れる秘訣なのかもしれません。あんまり働かない南国気質もあるのかもしれないけど、今後もこの味守ってねーおやじさん
おまけの美ら海のジンベイくん。3匹も大きな水槽にいて感激でっかかったなー。
じんべい

ドロップクッキー

このクッキーは型抜きせずに鉄板に直接スプーンで生地を落としていくことからついた名前で、クッキー作りの基本を学ぶのに良いかもしれませんね。意外に簡単なクッキーだけど、だからこそ大事なポイントがいくつかあります。そのポイントをしっかりやればみなさんプロ並?のクッキーができますよ
ドロップクッキー


材料 20個分
薄力粉100g ベーキングパウダー小さじ1/2 無塩バター50g 砂糖100g 卵1個 バニラエッセンス少々 レーズン30g オートミール100g

①薄力粉とベーキングパウダーは合わせて2回ふるいます。
②レーズンは粗めに刻んでおきます。
③無塩バターはやわらかく室温に戻し、ハンドミキサーでクリーム状にします。(ここでしっかりマヨネーズくらいの状態にしておくのがポイント)
④③に3回にわけて砂糖をよく練りませながら加えていきます。(ここで2倍くらいの量にしっかり白っぽくもったりするまでやらなけれがいけません)
⑤溶き卵を分離しないように④に少しずつ加え、練り混ぜて最後にバニラエッセンスを加えます。
⑥⑤に①の粉を加え、ゴムベラかカードで切るようにさっくりと混ぜ合わせます。(ここで練ってしまわず、切るようにしながら押すというような作業をします)
⑦⑥に最後オートミールとレーズンを加え、練らないように混ぜ合わせて、鉄板にスプーンですくって置いていきます。
⑧180度に予熱しておいたオーブンで15分焼きます。

ピザ風オムレツ

今日のオムレツはスパニッシュに近いオープンオムレツ。ピザ風ってことで、少し白っぽく仕上げるため2個だけ全卵、あと4個はなんと卵白ばかりで作ります。まずは具材の玉ねぎ、キャベツ、生椎茸、鮭缶を傷めて溶き卵を入れてかき混ぜます。そしてそこにモッツァレラとトマトのスライスをのせて見事ピザっぽいオムレツの完成なのです
よく卵はバランスのとれた食べ物ですよーと言われるように良質タンパクと卵黄にはビタミン類も豊富に含まれています。実は高いと思われがちなコレステロールも卵にもともと含まれているレシチンという物質が減らす力があるので、よっぽど食べ過ぎない限りコレステロールもそんなに気にする必用はありません。よって、今日のように玉ねぎとキャベツだったりスパニッシュの時のようにピーマンなども入れてオムレツにすれば、卵に含まれない食物繊維とビタミンCが取れて、それこそ本当にバランスの良い一品になります。野菜をたっぷり入れて朝食にオープンオムレツにされてみてはいかがでしょう
ピザ風オムレツ


さてさて、じゃー今日の残った卵黄どうしてくれるんじゃとの声が聞こえてきそうですよね。
今日はボジョレーヌーボー解禁日ですが、そのボジョレーの産地のブルゴーニュではなく、ボルドーの修道院でワイン作りの中から生まれた古いお菓子「カヌレ」というのがあります。これは赤ワインを作る工程の清澄という作業で多量の卵白を使用したことから、つまりは多量の卵黄の処分に困り作りだされたお菓子だと言われています。カスタードクリームに似たものをクリームではなく、焼き上げたかなりしっかりしたお菓子といった感じのものです。型に蜜蝋を塗ってそこにカスタードのような生地を流し込んで焼くので、外は割りと固く、甘い仕上がりです。
たまたま辻の公開レシピにありましたので、興味のある方ぜひ参考にして作ってみられては?カヌレレシピ
もっと他に簡単なのは?という声も聞こえてきそうですよね。
一番簡単なのは味噌をみりんでのばし、ガーゼをはったとこに卵黄を落として漬け込む味噌漬けでしょう。なかなか良いおつまみになります。焼き魚なんかに添えても良いですね。
後はカルボナーラや今の季節のお菓子としてはスイートポテトにされるのも良いでしょう。スイートポテトはサツマイモ2本だいたい600g程度をレンジで過熱した後つぶし、そこに卵黄2個、溶かしバター50g、砂糖50g、生クリーム大さじ4を入れて混ぜ、鉄板にこんもり落としていってドレンの卵黄1個を塗って180度のオーブンで焼けばすぐできあがる簡単お菓子なので、ちょうどこの時期のおやつとして作ってみられればお子さんもきっと喜びますよ!
スイートポテト

Ca va?(鯖?)

実は昔の私の上司はフランス人でお鮨も大好き全然生魚も食べれる人で、鯖をCa va?と駄洒落的質問をする変なフランス人でしたCa va?はいわゆる元気?という意味で、Ca va bien.(元気よ)と答えます。ある意味駄洒落のようで、駄洒落でないかも。鯖は鮮度が命。鯖の生き腐と言われるように内臓の消化酵素で自己消化してしまい、鮮度が落ち易い魚で、元気?と聞くのはあながち間違ってないのかもしれません・・・
鯖は豊富なDHAやEPAの脂肪分があるのとヒスチジンというアミノ酸の一種で美味しさもあるのですが、アレルギーや生臭みの原因ともなる半対面も持ち合わせています。だから、昨日の教室のようにみそ煮で臭みを取ったり、下処理でも酒や生姜を使い臭み消しを行います。またしめ鯖とあるように酢でしっかりしめてやはり生臭みをとり、また鮮度の落ちも防いでたべるんです。今日はしめ鯖ではなく、マリネにしてみましたよ
昨日も今日も使用したのは真鯖くん。秋から冬が旬です。鯖は他の産卵前が美味しい魚と違い、産卵後たーくさん食べて冬に備えて太った頃が美味しい魚です。なんか人間のよう他にお腹に斑点があるごま鯖というのもありますが、こちらは年中あまり味も変わらず食べれますが、旬は夏です。ちょうど今の時期から美味しい真鯖、みなさんもお刺身やしめ鯖、みそ煮、梅煮、竜田揚げなどで楽しんで下さいね
鯖のマリネ玉ねぎスライス添え鯖のマリネ


鯖の一口メモ 甘・平
栄養成分:タンパク質、DHA、EPA、ビタミンB2、ビタミンD
秋から冬が旬の魚です。「鯖の生き腐れ」と言われるくらいに鮮度が落ち易い魚です。目がきれいで、弾力もあり、エラが赤く鮮やかな色のものを選び、新鮮なものを買いましょう。
良質のタンパク質を多く含み、動脈硬化や高血圧などの病気を予防、改善するDHAやEPAといった不飽和脂肪酸を多く含むことでも知られています。また、細胞を再生し、脂質のエネルギー変換を助け、整腸を促進させる働きのあるビタミンB2も豊富で、口内炎などになりやすい人は鯖を食べると良いでしょう。また、ビタミンB6も多く含むので、タンパク質の代謝、脂肪代謝も助けます。神経伝達物質の合成にもかかわっているものなので、不足すると不安定になりがちになるとも言われています。カルシウムの吸収に必要なビタミンDも多いので、カルシウムを多く含む食品と組み合わせて取ると良いでしょう。

お茶も冬支度

今日から炉に変わり、いよいよ冬になってきたなあといった感じ。この日からという決まりではなく、11月8日立冬前後を境にしてその年の気候により炉に変更していくのが11月です。昔は自家に茶壷を置いていて、この時期の上旬吉日に茶壷の封を切る「口切り」という行事が行われ、これが茶人の正月とも言われ、新たな年を迎えるために全てのものを改める節目の時だったようです。
ということで、さすがに口切りはありませんが、やはり茶の正月ということで、今日はちょっと良いお道具でお稽古しました。
でも、やはり炉に変わり、急にお道具の置く位置が変わってくるととまどうものです・・・。こんなことではいかんのでしょうが、あれ?と思う場面がちーらほら濃茶は途中で中仕舞いもあり、何だか少し慌しい感じでしたが、やはり初というのはまた新鮮な気持ちになりますね

では、今日の主菓子は松屋の小春です。皮は上用で、中に小豆餡です。
松屋 小春


干菓子は桂月堂の出雲三昧です。落雁に粒入り羊羹、そして求肥の三層構造です。
出雲三昧



◎お知らせ  新庄貞嗣作陶展

会期:11月27日(火)~12月3日(月)
会場:福岡三越9階美術画廊

11月28日(水)の呈茶席を 松島 宗広 が持ちます。

私もお手伝いしておりますので、よろしかったらお茶飲みにいらして下さい。

ジェノベーゼ&かぼちゃのスープ煮

イタリアはジェノバ生まれのジェノベーゼ。フレッシュなバジルをふんだんに使ったハーブの香りたっぷりのパスタです。やはりこれだけハーブを使うと少しこの青臭さなんかが苦手な方もいらっしゃるかもしれないけど、イタリアらしい香りがするパスタだなあと思えます。やはりハーブの香りはフランスやイタリアの南の地域を思わせる料理ですよね。

ジェノベーゼ


材料 4人分
パスタ 320g バジル 60g パセリ 10g 松の実 30g にんにく 1片 ヴァージンオリーブ油 1カップ 塩 適量 こしょう 少々 パルミジャーノ 大さじ4
●飾り用
パルミジャーノ 適量 松の実 20粒 バジル 適量


(作り方)
①バジル・パセリ・松の実・オリーブ油・にんにく・塩(小さじ1/2程度)とこしょう少々をミキサーにかけ、ペースト状にします。
②パスタ鍋にたっぷりの湯を沸かし、お吸い物よりもちょっと濃いくらいの塩を入れ、パスタを茹で始めます。
③①に②の茹で汁を100ccほど入れて、ミキサーにかけ、乳化させます。これをボウルに移し、ミキサーにさらに100ccほどの茹で汁を加えてまわし、ペーストをきれいに取り、これもボウルに入れます。ここに大さじ4のパルミジャーノも入れておきます。
④パスタの茹で時間表示の1,2分前のアルデンテの状態でパスタの水気を切り、③のソースとしっかり和えていきます。
⑤④を器に盛り、飾り用のパルミジャーノと松の実を散らし、上にバジルの葉を飾って出来上がりです。


この写真は普通のパスタでディチェコのNo11を使用してますが、お勧めはリングイネという少し幅広の楕円のような形状のパスタです。ソースとのなじみが良いですよ!
またこのソースをジャガイモやカリフラワーなど温野菜にソースとして使ってもまた違った味わいがあって美味しいです


一口メモ 松の実 甘・微温
成分:脂質、タンパク質、ナイアシン、葉酸
チョウセンゴヨウの種子で、栄養分が多く古くから専任の霊薬と言われている。脂質が70%と近くとかなり多いがおおくは不飽和脂肪酸なのでコレステロールを下げ、動脈硬化を防ぎます。薬効としては老化防止、滋養強壮作用があり、美肌効果もある。また乾いた咳が止まらない場合など気管支炎や便秘などにも良いと言われている。

バジルについては今月末の教室の時に詳しく・・・

念願の?

昨日、8月末に東京で受けたフードコーディネーター2級試験の合格通知が来ていました実は昨年一次には受かって、2次でダメだった試験で今年は同じ時期にワインエキスパートの試験も重なってて、しかも東京だしと迷いながらもやっぱりチャレンジと思って受けた試験でした。チャレンジしてみて良かった
この2級試験の2次は3分野からの選択で、私が受けたのはレストランプロデュースの分野。他に食の商品開発と食のイベント・メディアがあります。この試験は2時間あり、試験といっても全て真っ白の紙に問題に基づいて自分で計画を立てて理論づけて書かせていくような問題なので、はっきり言ってかなり専門的。私の受けたレストランプロデュースでは今年はラーメン屋さんを開業するというもので、メニューはもちろんのこと市場調査の仕方や開業計画など細かに書いていくものでした。受かっていながらも受かったのが不思議なくらいです(笑)
3級に受かっていれば本来フードコーディネーターと名乗れるし、必要ないと活躍されている方々の中にも言われる方もいらっしゃいます。確かに試験に受かったから仕事に結びつくものではないでしょう。でも、私は受けないのはやはりこの試験の難しさを知っててのそれは言い訳のような気もするし、いつか本当にレストラン(お店の)プロデュースをしたいと思っている私は自分の知識を試すチャンスでもあってチャレンジしてみる価値のあるものかなーと考えてのことです。必要ないというのは簡単だけど、何でもがんばって取り組んでみれば、どんなこともいつか自分の力になっててくれるような気がします
大殺界で大厄で最悪の年なのに、ちょっと嬉しいこと続きだったので、書いてみましたm(__)m
この試験の詳細は日本フードコーディネーター協会HPで見れます。

デビュー戦

今日から実はマリナの講師を担当することになりました
栄養士資格を持っていない私は講師になれないと言われてたのですが、一応実績を買われ、やらせていただけることになりましたm(__)m
マリナのお教室は講師でなくても実際にアシスタントも各テーブルで教えることが多いのですが、それでもやはり前で講師として教えるデビュー戦はなかなか緊張しました。
で、今日のメニューは中華ちまき(猪肉粽子)ととうもろこしスープ(粟米湯)。初っぱなから時間のかかるちょっとやっかいなメニューで実際のとこ「うぎゃ」って感じだったのですが、試作をするときからスタッフと時間を計り、綿密に策をたててのぞんだので、自分でもびっくりするほどスムーズに進みほんとにほっとしました
ほんとサポートしてくれたスタッフの協力あってのことで、感謝感謝です時に厳しいことも言う私にもめげず?よく働いてくれる良いメンバーたちでチームワークのたまものですこれからもみんなでがんばろうね

中華ちまき

粽はあの甘い粽同様やはり端午の節句に作ります。中国でも同じ時期によく作られます。でも、もち米は体力をつけるのに高エネルギー食品で、数々の日本のお祝いごとに欠かせない食品でもあり、冬にむけて体力をつけたい秋に食べるのも良いと言えます。また行楽シーズンでもあるので、冷めても美味しい粽を持って紅葉狩りに出かけても良いですよねで、せっかくなら秋には甘栗や松の実、ぎんなんなど秋の味覚を取り入れたいものです。後は血のめぐりをよくして、乾燥肌をに対抗するため紅花なども入れると良いですね。
作り方はさまざまあるのですが、今日は豚や竹の子、干し海老、干ししいたけ、甘栗などの具材を全部炒め、一晩浸水していたもち米も透明になるまで炒めた後、調味液で味付けし、更に炒めて汁気を飛ばした後、竹皮に包んで20分蒸すというやり方で行いました。みなさんとても上手に出来、楽しく美味しく帰っていただけたようで、良かったです。
浸け置き時間が長いのとかを除けば、結構手軽でたくさん作って冷凍しておくと便利なので、みなさんも一度作ってみませんか
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク