FC2ブログ

ピーチかんとスペイン風オムレツ

桃ってほんと美味しいですよね。最近ではよく桃を丸ごと使ったお菓子なども見かけますが、甘くてみずみずしくてほんとに美味しい
日本は中国やヨーロッパからいろんな品種が入ってきていて、各地でさまざまな品種が栽培されていますが、いまや世界でも高い評価を受けているほど、日本の桃は果汁たっぷりでとろけるような美味しさなのだそうですよ。やはり桃と言えば岡山、山梨、和歌山などが有名でしょうか。それぞれに特徴がありますが、岡山や和歌山は白桃と言われる肌が白いタイプのものがよく栽培されていますが、山梨よりもやや甘みが劣る気もします。というか酸味とのバランスなのかもしれません。どちらかと言えばこの白桃(山根白桃とか一の宮水密とか清水白桃などいろいろあるのですが)は上品な感じの甘さになるので、少しコクというか力強さにかけるのかもしれません。まあ好き好きなのでしょう。ということで、私は山梨派かな・・・
写真は山梨で、ピンク色も濃い目で、味もしっかりしています。甘味と酸味のバランスがちょうどよく、しかもかなりみずみずしいです。よく桃の皮むくのに苦労したりしている方いますが、熟れてちょうど食べ頃のものはすんなり皮が手でもむけるくらいですよ
桃

実はピーチかんには缶詰を利用しています。黄桃と白桃とどちらも国産の缶詰です。黄桃は果肉が結構固く、生では酸味が強いので、ほとんどが缶詰加工されていましたが、最近では品種改良された黄美娘とかとても美味しいものもあります。
桃には結構カリウムとか食物繊維が多く含まれているし、カテキンも含まれていて老化防止にもなると言われていますよ。傷がなくて、皮のうぶ毛がきれいなものを選んで下さいね。写真のように赤くなる品種はピンクが鮮やかだと甘いと言われています。
ピーチかん


ピーチかん
棒かんてん1/2本or粉かんてん小さじ1 水1カップ 砂糖30g ももジュース300cc 
黄桃と白桃160g ミントの葉適量

①棒かんてんは洗って、かぶるくらいの水に1時間ほどつけて、戻しておく。
②黄桃と白桃は飾り用に少し細かく刻み、それ以外は粗めに刻んで器に入れておく。
③①の寒天を絞って、カップ1の水と一緒に鍋に入れて煮溶かす。粉の場合はここで粉を入れて煮溶かす。
④溶けたら一度こし器で漉す(棒のみ)
⑤鍋に戻して砂糖とももジュースを入れて再度強火ですばやく加熱し(酸が寒天を分解するので、酸味のある果汁は通常加熱せず、後で加える)アクをとったら、冷ます。
⑥粗熱がとれたら、カップに流しいれて冷やし固める。最後に飾り用の桃とミントを飾ってできあがり。

もうひとつは野菜たっぷりのスペイン風オムレツです。今日はパプリカ、ピーマン、ナス、トマト、ソーセージが入っていますが、ジャガイモやベーコン玉ねぎなど何でもお好きなお野菜とともにどうぞ。お野菜もたっぷりとれてとってもバランスの良い一品ですよ
スポンサーサイト



簡単豆腐でデザート!

ものすごーく簡単な木綿豆腐で作るデザート!なんと全てミキサーまかせ。そして冷やせば・・・・あら出来上がりという夏向きの素敵なデザートです。
大豆製品を1日に100g程度取ると健康に良いとか・・・。木綿豆腐は乳製品に次ぐカルシウム補給源としても優秀な食品です。腸内細菌を増やすオリゴ糖や女性ホルモンのような働きをするイソフラボンも含まれていて、女性は心がけて取りたい食品の一つ。そんな食品が女性が大好きなデザートで取れたらこんな良い話はないでしょ?ぜひぜひ試してみて
豆腐のムース

豆腐のムース
材料 流し缶1缶分(300ml程度)

木綿豆腐 300g 粉ゼラチン 大さじ1 水 大さじ4 砂糖 40g バニラエッセンス 少々 生クリーム(動物性) 1/2カップ お好きなジャム 大さじ2 白ワイン大さじ1

①豆腐は30分ほど水切りしておき、生クリームと一緒にミキサーにかけ、クリーミーな状態にします。
②粉ゼラチンは大さじ4の水に入れてふやかし、湯せんにかけて溶かします。そこに砂糖も加え溶かしておきます。
③②に①を少しずつ入れて混ぜ合わせます。最後にバニラエッセンスも加えます。
④水で濡らしておいた流し缶に冷やし固めて、切り分けます。そこに大さじ1の白ワインで伸ばしたお好きなジャムのソースをかけて召し上がれ!
(ジャムは何でもOKで、白ワインじゃなくても好みのリキュールにされてもかまいません)

※もう少しやわらかめがお好きな方は生クリームを増量させてね


夏の暑い日のランチに冷製パスタ・・・

そろそろ梅雨明けすればいよいよ暑い日差しが待っている夏本番ですね。そんな暑い日のランチには冷たい冷製のパスタはいかが?暑いとたくさん食べれないし、普通は前菜として出されるトマトを使った冷製パスタをランチメニューにしてみてはどうでしょう?今回はこれに豆乳で作ったビシソワーズとフランスパン。素敵なランチになりそうでしょ?

トマトいっぱいの冷製パスタ
トマトの冷製パスタ


(材料4人分)
パスタ(カペッリーニ) 120~160g フルーツトマト 500g おろしにんにく 適量 塩小さじ3/4 バルサミコ酢小さじ2 エクストラヴァージンオリーブ油 大さじ4 あら引き黒こしょう 適量 バジル 適量
好みでジェノヴァソース 塩(パスタ用) 適量(大さじ1と1/2程度)

①トマトは2、3cm角に切る。
②①のトマトにまず塩をして、よく混ぜ、トマトから美味しいソースを引き出す。バルサミコ酢、あら引き黒こしょうも加え、最後にオリーブ油を入れて乳化するまで混ぜる。
③パスタは塩を入れたたっぷりの湯で茹で、氷水にとってしっかり冷やして水気をふき取っておく。
④③のパスタを②のソースとあえて、器に盛り付け、好みでジェノヴァソースをかけ、バジルを飾る。

きりっと冷やしたプティ・シャブリとともにいかがでしょう?しっかりした酸と果実実そしてシャブリらしいミネラル感。ジャン・クロード・コルトーのこのワインはシャブリにも負けない若々しくも華やかな存在感ある味わいで、ランチにはぴったりですよ!

プティシャブリ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク