FC2ブログ

ベジフルセブンin九州

今日は野菜ソムリエとして、シーホークにて開催された「九州の野菜・くだもの新発見」という初のイベントに参加してきました。何をしたかというと19期の同期だったシーホーク総料理長山並シェフが提案したお野菜料理の数々を試食コーナーでベジフルセブンの考え方をまじえながらご紹介するというお仕事です。何となく試食コーナーは出展しているJAや大同青果、行政関係の方など何度も見る方もたくさんいらっしゃいましたけどでもやはりさすがにプロのホテルのシェフが提供する料理なので、好評でしたよ確かに家では・・・というようなデザートのものとかもあり、プロならではのものもありましたが、工夫次第でお野菜が変身しちゃうんだといった新しい発見もみなさんできたのでは?と思います。
それでは、まずベジフルセブンについて説明した後に、今日ご紹介した料理の概要を載せてみますねちょっとしたパーティーの時の参考になるんじゃないかなー

ベジフルセブンって?
セブン、つまり7。何が7なのかというと健康な生活を営むために、野菜を5スコア(5皿)、果物を2スコア(2皿)、1日に合計7スコア(7皿)食べようねという7なんです。
これは厚生労働省が推進する「健康日本21」という運動で1日に350g以上の野菜を食べることを目標にしていることと、食生活推進全国協議会が1日に200gの果物を食べることを目標としていることに基づいているのです。この考え方を毎日の食事にわかりやすく、大まかな目安として取り入れやすいようにだいたい1皿70gの野菜料理を1スコア、約100gの中型果物1個分を1スコアとカウントし、1日の必要摂取量を計算していくシステムなんです。
大まかに数える習慣をつけて、野菜や果物を自分がちゃんと摂取できているのか日々の生活をチェックしなおしてみて下さいね

今日提供のメニューと使用されていた商品について
・カイワレのスモークサーモン巻き
・ふろふき大根のミートソースがけ
・ミニトマトのカプレーゼ
・デコポンムース
清見オレンジにポンカンを掛け合わせて作った新品種。とっても甘く剥きやすいのが特徴。そのまま食べるのが一番美味しいよ!
・はるかトマトとイチゴ、ピーマンのミルフィーユ仕立て 
冬春栽培用の桃太郎のはるかちゃん。このトマトは低温・少日照下の栽培でも実が大きくなる優れもの。果肉がしっかりしていて、糖と酸のバランスが良く、味がしっかりしているのが特徴なのです。だから、ミルフィーユのように薄くスライスしてもバッチリでした。
そしてここで使われたイチゴがまたすごい。何がすごいって大きさ。熊本のひのしずくという品種で、熊本の水というイメージとみずみずしさから命名されたとのこと。この特徴は何度も言うけど、大きさ。とにかく1粒平均18.7gと普通のいちごの3倍くらいあるのです。だから薄くスライスして重ねれるくらいしっかり大きい。ほんと品種改良って凄いですね。
・キノコのクリームスープ
・リンゴのカラメリーゼ
・鯛の甘辛煮かつお菜巻き
・アスパラのアイス

バニラアイスとアスパラを合わせたもの。家なら市販のバニラアイスに茹でたアスパラを適当な大きさに切って、一緒にミキサーにかけ、再度固めれば良いので、やってみて下さいね。
・キャロットジュース
ニンジン特有の臭みが少ないベータキャロットという種類を使用しているので、とにかく甘い。それでも少し生臭さがある場合はオレンジジュースやリンゴジュースとブレンドするととっても美味しくなります。この品種はカロテンが多いのも特徴なので、ぜひサラダスティックなどでも食べていいですね。
・サツマイモパン
ベニマサリという品種を使用していました。この品種は外皮が赤紅色で、中は黄色が濃く、甘味も強いのが特徴です。また金時のように収穫して置いておかなくてもすぐに粘質が得られるのも特徴なので、今日のように餡子に使用したり、焼き芋や蒸し芋、栗きんとんなどにむいているようです。
・サツマイモの天ぷらシナモンがけ
・清見オレンジのゼリー

日本で初めて生まれた温州みかんとトロビタオレンジというオレンジの掛け合わせでうまれたみかんのみずみずしさと芳醇なオレンジの風味をあわせ持つ贅沢なオレンジです。
・トマトのムース
トマトのムース

これは酸味と生クリームをプラスしたムースにイチゴのソースにだったので、言われなければトマトと気づかなかった方もいらっしゃったのでは?トマトは程よい酸味が意外とクリームと合うもの。こんなデザート以外にも豆乳なんかと合わせて、冷たいスープとかも良いですよ。
・トマトときゅうりのマリネ
・茄子のカルパッチョ
・ちぢみほうれん草のバターソテー

寒じめ栽培という方法で育てられたほうれん草で、霜を当てることによりぎゅっとはが引き締まって縮んで、甘味が凝縮されたものになるようです。高い時は糖度が10度にもなることも。確かに茎の部分はしっかり甘味が凝縮されてました。たまにほうれん草の根っこの部分からばっさり切り落とす人がいるけど、あそこにほうれん草の一番の旨味が凝縮されているので、根の赤みを帯びた部分は切り落とさず、切れ目をいれてしっかり水洗いして泥を落とし、食べましょう!
・スープカレー
スープカレー

トマト、ジャガイモ、茄子、ピーマンなどのお野菜入り。スープカレーには根菜類も良く合うので、蓮根や大根などを入れられると今の時期は良いですよ。
・きゅうりのペペロンチーノ
きゅうりのペペロンチーノ

フリーダムといういぼなしのきゅうりを使用しています。いぼのあるきゅうりはそのいぼ周辺に雑菌が繁殖しやすく、飲食店などでの調理で気を使わなければならない商品でした。またこのフリーダムいぼがなくて扱いやすいだけでなく、青臭さや渋みがなく、しかも大きさが割りと揃って真っ直ぐに育つという良いことづくめの品種なのです。今日はこの扱い易いまっすぐきゅうりを細切りし、パスタのようにさっとニンニクと唐辛子の効いたオリーブオイルでサッと火を通し、冷ましたものにすりおろしきゅうりソースを和えたものをグラスの器で提供。なかなかパーティーの時にも使えそうなおしゃれな一品ですよね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。行きたかったです。
さすがの料理ですね。
これからも、美味しい野菜をたくさん教えて下さいね~。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

NANAEさん

Author:NANAEさん
男社会のような企業で10年ほど財務系の仕事をしてきたけど、ある時周りを見たらストレスや人間関係で悩み体調を崩す人ばかり。そんな自分も・・・そこで、1年発起!どうせ一生働くなら大好きだったこと、一番大事な健康を作り出すことを仕事にしたいと思い、食の道へ。退職してすぐに調理師学校へ行き、猛勉強?ベジフルにハーバルフード、ハーブコーディネーターなどを資格取得しながら、美味しく楽しく食べて健康に!をモットーに活動中。ただ飲みたいだけとの噂もあるワインエキスパートの資格も取り、料理とのマリアージュも研究中です。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク